更新日: 2011-03-28 10:16:52

お風呂のお湯を冷めにくくする方法

著者: エンジェルB

編集者: おばばばば

閲覧数: 5964

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by yto

寒くなると、お風呂のお湯がみるみるうちに冷めてしまいます。家族が間隔をあけてお風呂に入ると、そのたびに熱いお湯を足すことになり(追い炊きができないタイプなので)、ガス代、水道代がおそろしいことに…!

そこで冬のお風呂のお湯を冷めにくくする方法をご紹介します。

STEP1

ホームセンターや大型スーパーでは、浴槽に浮かべてお湯を冷めにくくする「保温マット」が販売されています。以前、わが家でも使っていて、これは便利でした。アルミシートの面を下にしてお湯の上に浮かべ、さらにふたをしておくとかなり冷めにくいので、ずっと使っていたのです。が、長く使い過ぎてボロボロになってからはそのまんまでした。

STEP2

Photo by エンジェルB

そして昨夜、ふと思ったのです。あのアルミシートが張られたキャンプ用のマットを代用したらどうかと。勝手に「でっかいアルミホイル」と呼んでいるマットですが、よく考えてみると寝袋の下に敷くものですから大きすぎるんですよね。もう使わないなら手頃な大きさにカットして使うのも良いかも知れません。

STEP3

Photo by エンジェルB

ほかにはないか?と考えてみたところ、ありました!何年も前に携帯電話のショップでもらった、車のサンシェード。これも保温シートと同じようにアルミシートが使われていて、素材的には以前買った保温シートとよく似ています!

STEP4

Photo by エンジェルB

アルミシートの反対側はこんな感じ。vodafoneの時代のものです(笑)。

形、素材ともにこれで充分!いつもよりはお湯が冷めにくく、入浴中もおふとんのように浮かべておけば、段々ぬるくなる…ということもありませんでした。

STEP5

最近は電子レンジで温めたものを浴槽に入れるなど、お湯を冷めにくくするグッズも販売されていますが、値段が高いばかりか、あまり効果が期待できないという声もあるようです。

基本的には家族が続けて入ることが一番ですね。
また、身体が冷えているとお湯が冷めるのが早いので、浴槽に入る前にはかけ湯をして充分に身体を温めてから入ることがおすすめです。

まとめ

・アルミの保温シートを使用するか、代用できるものを探しましょう!お弁当を食べるときに使うビニールシートや、プチプチ、発泡スチロールなどでも効果がありそうです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

125

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
エンジェルB

ベタベタの関西人ライターで、
シングルマザーで、
お笑いが大好きです。

役に立ちそうなことから、
全く役に立たないことまで(笑)
いろいろな...