更新日: 2010-11-11 01:12:04

記憶メディアから見たデジカメの選び方

著者: kopamijin

編集者: kopamijin

閲覧数: 241

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by yamakazz

デジカメの記憶メディアには、SDカード、メモリースティック、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュ(CF)、スマートメディアなどがあります。

 ヤフーオークションなどで、デジカメも安く出品されていることがありますが、実際に落札してみると、記録メディアが手に入りづらいものだったりします。

 いったいどのデジカメを選んだらよいのでしょう。

※このガイドは超初心者向けに書かれています。

STEP1

 さて、今からデジカメを選ぶとすれば、ズバリSDカード対応のもの以外に選択肢はないと言えるでしょう。

 スマートメディアを扱える新製品は何年も前から発売されていませんし、CFカードは一眼レフデジカメなどで使われていますが、メディアとしての価格は安いとは言えません。

 メモリースティック、xDピクチャーカードは、それぞれ開発元のソニー、富士フィルムなどのデジカメで使われていますが、最近ではそれらのメーカーもSDカード対応デジカメを発売するなど、SDカードが事実上の標準になっていると言えます。

STEP2

 新製品を購入する場合には、ほとんどがSDカード対応になっているので問題は少ないですが、ヤフオクなどでは、未だにxDピクチャーカードやメモリースティックを記録メディアとして使うものも出品されています。
 これらはSDカードに比べて記憶容量に対する価格が高いので、あまりオススメできません。

 スマートメディアにいたっては、メディア自体を手に入れるのが難しいほどですので、いくらデジカメ本体が安く手に入るといってもオススメはできません。

STEP3  なお、SDカードにもいくつかの規格があります。

 SD、SDHC、SDXCというのがそれで、SDよりもSDHC、SDHCよりもSDXCのほうがより容量が大きい規格になっています。

 SDXCを扱えるデジカメは、SD、SDHCも扱えます。

 SDHCを扱えるデジカメは、SDも扱えます。



 ただし、価格が大幅に下落しているSDカードに比べて、上位規格のSDHC、SDXCに対応したカードはまだまだ高価なものが多いです。

STEP4

 また、SDカードには大きさによって、通常のSDカード、少し小さいminiSDカード、さらに小さいmicroSDカードがあります。

 miniSDカードは数年前の携帯電話の外部記憶として使われていましたし、microSDカードは現在発売されている携帯電話の多くで外部記憶として利用されます。

 いずれもアダプタを装着することで、より大きなカードとして使用することも可能です。


 いずれにしても機器によって使える大きさが決まっていますので、大きさは機器に合わせて購入するのがよいでしょう。複数の機器で併用する場合には、扱えるメディアのサイズが小さい方に合わせて購入し、別の機器に挿すときにはアダプタを利用するという方法も考えられます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

91

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kopamijin

はじめましてkopamijinです(≧ω≦)

自分が分からなくて調べたことや知っていることをどんどん載せていこうと思います☆

どうぞよろしくで...