更新日: 2010-11-10 23:57:27

知って得する野菜の豆知識~ほうれんそう編~

著者: hiroyang30

編集者: hiroyang30

閲覧数: 342

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by hiroyang30

緑黄色野菜の王様といったら、やっぱりほうれんそうですね。
ソテーやお味噌汁、お鍋にと大活躍のお野菜です。
そんなほうれんそうの知って得する豆知識!

STEP1 ほうれんそうの栄養:

ほうれん草の代表的な栄養素と言えば鉄分とβ(ベータ)カロチンです。
鉄分は牛レバーに匹敵するほど含まれています。
貧血防止や虚弱体質の人にはとても有効ですよ。

一方βカロチンは、抗酸化作用により活性酸素の働きを抑制したり
ガンの予防のほか肌の老化を防ぐ美容効果が期待できます。

STEP2

その他にもほうれん草にはビタミンA、B群、Cもバランス良く含まれ、
のどの粘膜を丈夫にし細菌感染を防ぐ働きがあり、かぜの予防にも最適です。

またほうれん草には体内に蓄積された塩分を排泄する効果のあるカリウムや、
便秘の改善、糖尿病の予防にも効果的な食物繊維も多く含まれています。

STEP3 美味しいほうれんそうの選び方:

根元に近い部分から葉が生えているものを選ぶようにします。
葉に比べて茎が長くて太いものは育ちすぎです。
葉先が変色して黄色いものは鮮度が失われているので避けましょう。
よく食べる部分の葉が肉厚で、緑色が濃いものを、
根元は大きく、赤みが強いものを選びましょう。

まとめ

ほうれんそうは産地によって様々な品種があります。
これからの寒い時期に出回るのが、青森や茨城の一部で作られる
「寒じめちぢみほうれんそう」です。
見た目はゴツいですが、美味しさがギュっと詰まっていて美味しいですよ!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

65

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
hiroyang30

どうもはじめまして( ´・ω・`)

生活で使えるネタ
(主に元八百屋目線の「買う時のタイミング」など
割とマイナーな所から)
を始め、その他「...

必要なもの

ほうれんそう