更新日: 2010-11-10 20:45:45

赤ちゃんが大きくなるのは嬉しいけれど、妊娠線はイヤ!

著者: sagamikomati

編集者: sagamikomati

閲覧数: 262

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by MJTR (´・ω・)

赤ちゃんを授かって大きくなっていくお腹を触っていると幸せ感じますよね。
赤ちゃんが大きくなるのは嬉しいけれど、ママのお腹は急に膨らんで、妊娠線がクッキリと・・・なんてことにならないための予防法です。

STEP1

妊娠線は、赤ちゃんの成長に伴って急に皮膚が伸びるため繊維が切れてしまうことが原因です。
第一の予防は、急に大きくならないということです。妊娠後期だと体調も安定し、食欲も旺盛になってきますので、適度を保ち急激な体重増加を抑えることが重要です。
適度な運動も取り入れてください。
1日3時間ほど歩いて、足腰を鍛えておくと、お産のための体力強化にもいいです。

STEP2

皮膚が柔らかければ繊維も伸びやすく、妊娠線ができにくいということです。
保湿力の高いクリームを、妊娠線のできやすい箇所に塗りながらマッサージをするのも効果があります。
妊娠線ができやすい場所は、下腹部、乳房、太もも、臀部などの脂肪つきやすい部分です。
お腹の赤ちゃんを慈しむような気持ちで、ゆったりするマッサージは、プレママの心も穏やかにしてくれる効果が期待できます。

まとめ

妊娠線を防ぎたいなら、急激に太りすぎないこととマッサージで皮膚をやわらかい状態に保つことです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

84

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
sagamikomati

冷蔵庫にある材料で、勝手に自分流、レシピのないお料理をするのが楽しみです。
失敗と成功を繰り返しながら、家族と一喜一憂する毎日です。
家族4人と犬1匹...