更新日: 2011-07-21 11:54:23

餃子がフライパンに焦げついて取れないときに

著者: csyg

編集者: kumapis

閲覧数: 16106

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by sekimura

餃子を焼いてるときに、皮がフライパンにくっついてとれなくなってしまう時ってありますよね。そんなときは無理やり剥がさずにこれを試してください。

STEP1

タオルを濡らして、かるーく絞ってフライパンの大きさに合うようにたたみます。そのタオルの上にフライパンをしばらく置いてください。そうするとキレイにはがれますよ。

STEP2

ちなみに、事前予防策としてはフライパンに片栗粉を餃子の下に付けておくと焼きあがりもネチっとせずに上手にはがせます。1個1個付けるのは大変ですから、餃子を包んだ後にお皿に並べますよね。そのお皿に片栗粉をまぶしておくとよいでしょう。

まとめ

タオルの水分はじゅくじゅくしているくらいがベター。
冷やすことがポイントなので、水を張ったタライに
フライパンを浮かせてもOKです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

58

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
csyg

1歳満たない女の子ママです♪

エステはフェイシャルもボディも大好き。
気づいたらもう10年通っています。
最近手作り化粧水を始めたら、
肌のキ...