更新日: 2011-07-20 14:01:46

蚊にさされたかゆみを止める方法

著者: うりボー

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1101

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by monoooki

夏にイヤなもののひとつに、蚊がありますよね。
ただでさえ寝苦しいのに、かゆくて眠れないなんてことも…
とくに子供は、かきこわしてとびひになってしまったり。

STEP1

さされた所に貼る、ばんそうこうタイプのかゆみ止めも市販されていますが、汗ではがれてしまったり…。
うちの子みたいに、ばんそうこうや、かゆみ止めの薬ににかぶれるという人もいると思います。

STEP2

ケーキなどについてくる保冷剤を、捨てずに冷凍庫のすみに入れておいてください。
蚊にさされた所に当てて、冷やしましょう。
冷たすぎるなら、薄手のタオルやハンカチにくるんでもOK。
保冷剤が溶ける頃には、かゆみもおさまっていると思います。

まとめ

ポイントは、絶対にかかないこと!
かくと、かゆみが増すし、長時間続きます。
冷やさなくてもしばらく我慢しているとかゆみはひきますが、我慢できませんよね。
冷やすことによって、かゆみを感じにくくなります。
かかないと、あとも残らないので、数時間もすると、どこをさされたのかわからないくらいになりますよ。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

98

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
うりボー

中学2年生と小学1年生の男の子二人のママです。

必要なもの

保冷剤