更新日: 2011-08-15 18:17:12

ブランクがある人、リストラや倒産で離職した人の職務経歴書の作り方

著者: nygalaxy

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 685

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by geocam20000

転職の場合、3ヶ月程度のブランクであれば転職活動として何の問題もありませんが、6ヶ月を超えると人事担当者は「なぜブランクがあるのか」を知りたがりますので職務経歴書でも説明をしておいた方が無難です。人事担当者は明確な理由であったり、前向きな理由であれば、マイナスには捉えません。

STEP1 理由もなくブランクがある場合

転職に手こずってブランクが開いた場合などは短期間でもスクールに通い、通う前は自己研鑽していたと言えるようにブランクを上手く埋めるようにしましょう。

STEP2 リストラや倒産で職場を失った場合

キャリアがある方であればその実績をアピールするだけでも高い評価を受ける事ができます。

まとめ

「私ができる職務」というような、あなたにできる事を5~7つ程度箇条書きにしてアピールする欄を作るのも効果的です。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

74

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
nygalaxy

自分で言うのもなんでが、
某人材サービス会社の元トップ営業マン。
1男2女の父。

暇さえあればiPhoneいじってますw