更新日: 2011-07-29 17:41:58

失業保険がもらえなくても大丈夫!?「基金訓練」のススメ

著者: こつこつ

編集者: OKGuideスタッフ牧村

閲覧数: 828

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by こつこつ

失業していても、失業保険が受給できるとは限りません。なぜならば、失業保険を受給するには、一定期間雇用保険に加入していなければならない等、様々な条件があるからです。
就労期間が短かったり、勤務先がきちんと雇用保険の手続きをしていなかったり、ニート・ひきこもりだったりすると、雇用保険加入要件を満たさず、失業保険をもらえません。
でも、仮に失業保険の受給資格がなくても、就職する意欲があれば、「基金訓練」を受講することで、生活支援給付金を受給できる可能性があります。

STEP1 基金訓練って?

そもそも「基金訓練」とは何かというと、雇用保険を受給できない離職者が受講できる無料の職業訓練です。「雇用保険を受給できない離職者」には、雇用保険の受給を終了した者も含まれます。つまり、そもそも失業保険をもらえない人だけでなく、失業保険を満額受け取った人も、基金訓練を受講することができます。
訓練内容としては、IT関係、医療・介護・福祉関係、経理関係等、バラエティ豊かであり、実施形態も、座学中心のもの・実習中心のもの等、講座によって様々です。

STEP2 どうしたら受けられるの?

基金訓練の受講するには、

・ハローワークに求職申込みを行っている方
・ハローワークにおいて、キャリア・コンサルティングを受けて、基金訓練のあっせんを受けた方
・訓練を受けるために必要な能力等がある方
・過去に公共職業訓練を受講したことがある方は、訓練修了後1年以上経過し、かつ、平成21年6月8日以降に受講を修了した公共職業訓練の期間と、新たに受講しようとする訓練の期間が合計して24か月を超えない方

の全てを満たす必要があります。
何だかごちゃごちゃしていますが、要するに、「働く意欲があり、ハローワークで一定の手続きをした者」であれば、原則として受講できるということです。
また、過去にハローワーク主催の職業訓練を受講したことがある場合は、訓練修了後、1年以上経過し、かつ、訓練期間の合計が2年を超えないことが条件となっています。

STEP3 その間の生活費はどうするの?

「基金訓練」で、職業訓練を無料で受講できるだけでなく、一定の条件を満たせば、「訓練・生活支援給付金」を受給することもできます。支給額は、被扶養者がいる場合には12万円、いない場合には10万円となっています。

「訓練・生活支援給付金」の受給資格は、以下の全ての条件を満たすことです。

・ハローワークに求職登録されている方で、ハローワーク所長のあっせんを受けて、基金訓練または公共職業訓練を受講する方
・雇用保険の求職者給付、職業転換給付金の就職促進手当及び訓練手当を受給できない方(受給を終了した方を含む)
・世帯の主たる生計者である方
・申請時点で年収見込みが200万円以下、かつ世帯全体の年収見込みが300万円以下の方
・世帯全体で保有する金融資産が800万円以下の方
・現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない方
・過去3年間に不正行為により、国の給付金等の支給を受けていない方

「基金訓練」の受給資格より、さらに複雑そうに見えますが、要するに「ハローワークの職業訓練を受ける人で、低所得者。かつ、資産もない人」であれば大丈夫でしょう。

まとめ

以上、「基金訓練」及び「訓練・生活支援給付金」について、かいつまんで説明しました。
詳しくは、「緊急人材育成・就職支援基金事業」のサイトをご覧になってください。
http://www.javada.or.jp/kikin/support01/01.html

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

91

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
こつこつ

得意分野は、人間関係、お金(投資関係)、教育、法律、食べ物(簡単レシピ系)、インターネット、ビジネスです。
流行関係には、ちょっと疎いかも…。
どうぞ...