更新日: 2010-11-08 19:18:17

生命保険の選び方

著者: 1977

編集者: 1977

閲覧数: 127

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by IAN Chen

何かと難しい生命保険。
ちょっとした選び方のコツをご紹介致します。

STEP1 ☆何のための保険なのか明確にする。

 【終身保険】…これは、自分が死んだ後に保障されるもの
        家族のためのお金と認識しましょう。

 【医療保険】…これは、自分が生きている時の保障されるもの
        家族に迷惑をかけないで医療を受けられるお金と意識しましょう。

STEP2

☆終身保険に必要な額を明確にする

1人の時は、少なめにや、家族ができたら多めになど人生の場面によって必要な額を設定しましょう。この部分の保険費用が高い場合が多いのでしっかりとしたプランニングが必要です。

STEP3 ☆必要な医療保険を明確にする

例えば・・・
【一時金】
・3大疾病一時金・・・がん、脳卒中、心筋梗塞になったら支払われるお金
・介護状態一時金・・・介護状態に一定期間になったら支払われるお金

⇒更新期間80歳までの掛け捨ての場合がほとんどです。

【入院・手術】
入院保険・・・入金したら、1日5,000円など
手術特約・・・特定の手術をしたら入院保険金額の20倍が支払われるなど

⇒最近では、入院、手術保険に「終身型」の商品も登場しています。

STEP4 ☆その他の付帯制度を検討する

例えば・・・
保険料払い込み免除特則・・・特定の病気になったらその後の保険料の払い込みが免除になります。

まとめ


生命保険は、解約すれば解約金が戻ってきますがそれは、支払った保険料以下の場合がほとんどです。なぜ加入するのかを明確にし、自分に必要な部分のみを選択しましょう。
積立金部分と保障部分に分けた設計になった「アカウント型保険」もありますので、貯蓄として考えたい方は、こちらも検討しましょう。
保険は保障と割り切って、最低部分の保障のみにして後は、貯蓄するなどして運用していく事がおすすめです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

8

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

人生設計