更新日: 2011-07-28 21:09:36

消しゴムを割れにくくする方法

著者: a-sayaka

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 3930

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Kanko*

「ママ~、またボロボロに・・」子供がよく割れた消しゴムを持って帰ってきます。

割れた消しゴムは、また割れやすく・・・
使ってるとホントボロボロになっちゃうんですよね。
この方法で、ちょっとでも長持ちできたらいいな!

STEP1 まず、消しゴムを紙のケースからだします。

そして、カッターで消しゴムの角をすべて削ります。

STEP2

次に、消しゴムのケースをつぶして、四つの角、すべて落とします。
(最近メーカーの消しゴムでもケースの角を落としているものを見かけますよね)

STEP3

消すときは、なるべく消しゴムを寝かせて消すようにしましょう!
これで、ながもち消しゴムになります♪

まとめ

紙ケースの上面は表面をなるべく毛羽立たせておくといいようです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

119

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する