更新日: 2011-08-09 11:00:05

銅と硝酸の反応で主に発生する物質の覚え方

著者: hanachan84

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1032

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by hanachan84

高校の化学で習う硝酸。
濃度によって濃硝酸と希硝酸があるということを習いますが、銅にこれらを反応させたときに主に発生する物質が異なります。
テストで混同しないためのゴロ合わせは・・・

STEP1 濃硝酸と希硝酸

銅に濃硝酸を反応させたとき、主に発生するのは二酸化窒素(化学式NO2)です。
一方、銅に希硝酸を反応させたときは、一酸化窒素(化学式NO)です。

STEP2 覚え方

これらを混同しないための呪文(ゴロ)は、次の分です。
「ノーはノーでなく、ノーでないものはノーである!」

STEP3 ゴロの解説

「ノー(=濃硝酸)はノーでなく(=NOでない、つまり、NO2)、
ノーでないもの(=濃硝酸でないもの、つまり、希硝酸)はノー(=NO)である」

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

43

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する