更新日: 2011-08-26 17:26:59

1歳のお誕生日の昔ながらの習慣 

著者: sagamikomati

編集者: OKGuideスタッフ牧村

閲覧数: 650

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by sagamikomati

わが子の成長は楽しみなもの。1歳になることおしゃべりを始めたり、歩きはじめたりすること。
昔からの週間のお誕生日の祝い方をご紹介します。

STEP1 一升餅

お誕生日に、「一升の餅」もしくは「一升の米」を背負い、歩かせようとする習慣です。
自分の体だけでも十分に歩けない赤ちゃんが、一升餅を背負うのは難しすぎですね。

STEP2 願いをこめて

背負った餅をお尻に投げつけ、一生涯食べ物に困らないようにという願いを込めてする習慣です。

STEP3 頭をぶつけないよう

誕生前に歩き出す子どもは、親をしのぐ大物になるといわれています。お餅の重さでひっくり返って頭をぶつけたら大変です。注意してください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

77

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
sagamikomati

冷蔵庫にある材料で、勝手に自分流、レシピのないお料理をするのが楽しみです。
失敗と成功を繰り返しながら、家族と一喜一憂する毎日です。
家族4人と犬1匹...

必要なもの

一升の餅 一升の米