更新日: 2010-11-07 03:10:15

赤ちゃんのはじめてのお祝い お七夜

著者: sagamikomati

編集者: sagamikomati

閲覧数: 313

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by MJTR (´・ω・)

赤ちゃんが生まれて初めてのお祝いがお七夜です。昔は出産で亡くなる赤ちゃんが多かったことから、1週間元気に育ったということで誕生の祝いをしたといわれます。

STEP1 赤ちゃんが生まれて7日目がお七夜です。

赤ちゃんの名前をお披露目する命名式でもあります。昔は親戚中で集まって、盛大にお祝いしたとも言いますが、現代は両家の両親を呼んでお祝いをすることが多いようです。

STEP2

正式な命名書の書き方は、奉書紙または半紙を横二つ折りにし、さらに縦3等分で左右から折りたためるよう折り目をつけて開きます。
父親の氏名・続き柄(長男など)・命名した名前・生年月日を、命名式の日付と親の名前を記入し、神棚か仏壇に供えます。
役所に出生届を出したら下げて、奉書紙で包んだへその緒と一緒に箱に収め、水引をかけて保存しておきます。

まとめ

嬉しい赤ちゃんの誕生を、みんなでお祝いできますが、赤ちゃんとママさんの体調を良く見ながら無理をしないことです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

79

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
sagamikomati

冷蔵庫にある材料で、勝手に自分流、レシピのないお料理をするのが楽しみです。
失敗と成功を繰り返しながら、家族と一喜一憂する毎日です。
家族4人と犬1匹...

必要なもの

命名書 祝い膳