更新日: 2011-07-21 13:27:37

静電気を防ぐ方法

著者: kazusato

編集者: kumapis

閲覧数: 509

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by kazusato

乾燥の時期、思わずパチッと来ることはありませんか。イヤな静電気。ちょっとした習慣を心がけるだけで防ぐことができます。

STEP1

私たちの生活の中には様々な材質のものが溢れています。中でも電気を通しやすい物とそうではないものとがあることは言うまでもないと思います。
通しやすい物の代表と言えば、もちろん金属です。
通すけれど柔らかで通しにくいのは木、紙、コンクリート、レンガ、タイヤ
通さないものはプラスチック、ガラス、ゴムなどです。
人の手は帯電しているので、金属などに触ったとき電気が通りパチッとスパークするのです。
ですから、スパークする前に手に帯びた電気を逃がしてやれば良いのです。

STEP2

最近は静電気防止のブレスやネックレスがありますが、見た目にはあまり良くありません。
自分の電気をゆっくりと逃がしてやれば、パチッときません。
身の周りで木やコンクリートでできているもの、いつも身近にあるのは壁です。ドアを触る前に壁を触れば良いのです。
壁だけではありませんが、要は金属以外のものに電気を逃がしてから、ドアを触ることを心がけましょう。
セルフのガソリンスタンドに静電気防止のためにシートがあるのを思い浮かべてください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

32

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kazusato

この不況で旦那さんがリストラ!
再就職はしたものの、給料は大幅ダウン…。
節約に突如目覚めなくてはならなくなった今日この頃。
明るく元気な節約ライフ...