更新日: 2010-11-16 00:56:01

10月はアレルギーが起こりやすい

著者: kazusato

編集者: oni-yakko

閲覧数: 272

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by jediduke

夏の間はダニも気になりせっせと布団を干したことでしょう。もちろん秋以降も天気の良い日は干します。でも。少しのポイントを押さえてアレルゲンを発生させないようにしましょう。

STEP1 布団を叩いたりなどしてはいけません。

布団を叩くと綿や布の繊維が粉砕され多くのハウスダストを生産してしまうのです。それは即アレルギーの元になります。原因の多くはダニの死骸。10月ごろは夏に元気に活動していたダニたちも多く死んでいく季節なのだそうです。ですから、死骸も多く出るというのです。
布団をしまう時は、花粉なども気になりますので、固い毛足のブラシで表面を掃いてください。

STEP2 布団を干したら必ず、万遍なく裏表に掃除機をかけてください。

干すことによって死んだダニや、布団に付着したハウスダスト、花粉などをできるだけ除去するのです。1年を通して数の増減があるにせよダニは活動しています。
暖かく、適度な湿気さえあれば生きていけるのです。撲滅は不可能に近いかもしれませんが、布団干しの後の掃除機を繰り返し行うことで、人体に影響のある数に増やすことを食い止めるのです。

STEP3

天候不順で干すことができない季節は、布団乾燥機という方法がありますが、乾燥器が無いという方は
⇒こたつに掛けておく。
⇒ホットカーペットの上に置く。
⇒布団の湿度を高めないために、ソファーの背もたれ、2段ベッド、何でも良いので拡げて掛けておくだけでも違います。

まとめ

快適な睡眠を健康的に!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

36

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kazusato

この不況で旦那さんがリストラ!
再就職はしたものの、給料は大幅ダウン…。
節約に突如目覚めなくてはならなくなった今日この頃。
明るく元気な節約ライフ...