更新日: 2010-11-04 19:03:01

すっきり目覚める方法☆教えます

著者: greenhype

編集者: greenhype

閲覧数: 178

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by michael_reuter

疲れを持ち越さずに、すっきりと目覚める方法教えます。

STEP1 ●太陽の光を浴びる

体内時計をリセットするに、太陽の光を浴びる必要があります。朝起きたら、まずはカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう。

STEP2 ●ストレッチをする

朝はカラダが活動に向かっていく時間。ストレッチは、低血圧で寝起きが悪い人にもオススメ。布団の中で寝たままでもよいでしょう。伸びをしたり、寝たまま足を曲げて胸に抱えたり、膝を立てて左右に倒したりするだけでもカラダが動き出します。

STEP3 ●深呼吸をする

深呼吸によって新しい酸素が取り込まれることで、気分がリセットされ、さわやかな気分になります。最後に、カラダに貯まった悪いものを吐き出すつもりで、息を吐きながら「はぁー」と声を出してみましょう。

STEP4 ●水分を補給する

寝ている間に失われた水分を補給するために、コップ1杯の水かお茶を飲みましょう。冷たすぎる飲み物は胃腸に負担をかけるので常温がよいでしょう。

STEP5 ● 朝ごはんを食べる

寝ている間は低体温になるので朝ごはんを食べることにより体温をあげウォームアップ! 脳はブドウ糖をエネルギー源としているので、朝ごはんで炭水化物(糖質)を摂って、脳を働かせると、やる気や集中力が出て仕事や勉強もはかどるはず。また便秘を解消する効果もあります。

STEP6 ● 歩く

歩くことにはいろんな効果がありますが、足の裏を刺激したり、目や耳からの情報を取り入れることで脳が活性化します。歩くことでひらめいたりヒントを得られることもあります。また他にもカロリー消費、骨を強くする、血行をよくする、生活習慣病などよい効果がたくさん。また太陽の光を浴びるので、体内時計もリセットされます。通勤の10分でも効果があります。

まとめ

朝、すっきりと目覚めて、1日を能率よく有意義に過ごしたいもの。できることから始めてみましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

29

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
greenhype

小学生の子どもを持つ主婦です。数か月前まではバリバリ働いてましたが現在専業主婦、幸せなマタニティライフを過ごしています☆2月に2人目を出産予定です。よろし...