更新日: 2011-03-31 12:50:22

キャバ嬢マニュアル③ 苦手なお客様の対処法。

著者: 森山まなみ

編集者: おばばばば

閲覧数: 2163

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by 森山まなみ

どのような環境にも、やはり苦手な相手というものは存在しますよね。苦手なタイプがお客様だった場合、接客はとても難しく感じるかもしれません。
関係を絶つワケにもいかないし、決して苦手と悟られてはならない相手を上手くやり過ごす方法はあるのでしょうか?

STEP1 キャバクラなど接客業は、基本的に来るもの拒まず!です。

お客さんを選ぶことはできません。苦手なタイプのお客さんの隣に座るコトだって当然あるし、お客さんを選り好みしていたら指名は増えないのです。

キャバ嬢は笑顔が基本ですが、苦手だからこそ超・笑顔で接しましょう!
口角を意識して上げるのです。

STEP2 そして、相手の良いところを見つけましょう。

苦手だって思ってると、相手にも悟られてしまうことって意外とあるんです。
「苦手だ苦手だ~」とばかり思ってないで、無理やりでも「許せるところ」を探すのです。「靴下の柄が可愛い」でも何でも良いのです。

好きになれなくても、そのお客さんと一生付き合うわけじゃありません。気楽にね。
同じテンションで会話して、振られた話題に付き合えば良しです。
難しく考えなくて良いから、笑顔でその場をやり過ごせれせば、とりあえずは合格です。

まとめ

こんな裏技も…
必殺「お客さんチェンジ」です。
苦手や嫌いなタイプのお客さんに遭遇した時は、黒服に
「あの客は無理!○×ちゃんが合うと思うよ」
と他に振ってしまうのです。
でも、この手はそれなりの成績がある嬢にしか許されないテク(ワガママ?)なので、新人さんや初心者には難しいですね。
そんなワガママが許されるくらいの実力を早くつけたいものです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

97

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
森山まなみ

森山まなみ

OL兼キャバ嬢を10年目で脱サラして、原作シナリオやケータイ小説・コラムなど、しがないモノカキとしてイロ②なトコで日々奮闘してます。 ...

必要なもの

笑顔と忍耐力。いいとこ探し。