更新日: 2011-07-25 14:21:46

オーストラリア到着後、空港から無事目的地に移動するために

はじめに

Photo by Scubabix

オーストラリアと日本では交通システムも違い、バスの乗り方一つをとっても、大きく変わります。

現地到着後、目的地(ホームステイ先、ホテルなど)までの移動手段ですが、公共交通機関の利用をはじめタクシー、当機関や旅行代理店などが手配している送迎サービスや空港シャトルバスなどを利用することができます。

バスやタクシーの乗り方など、「オーストラリアは初めて」または「目的地までの移動手段に不安がある人」というかたは、是非参考にしてください。

STEP1 電車を使う

Photo by Philandthehounds

泊まる予定のホテルやホームステイ先が電車の駅から近いようでしたら、電車を使ってみましょう。オーストラリアの電車は、比較的時間どおりに運行していますが、週末はよく運休になるラインなどもありますから事前に調べておく必要があるでしょう。

各州の都市により会社が違うので料金も異なりますが、ほとんどが区間によって料金が決まるゾーン制になっています。

STEP2 オーストラリアのバスを使う

Photo by satguru

オーストラリアのバスは、日本のようにバス停に詳しい路線図などが書いてありません。また、バス停に名前もなければ、車内アナウンスもしてくれませんので、自分の乗るバスがどこを通るのか、どこで降りればいいか、などを事前に調べておく必要があります。

バスの運賃は前払いです。つり銭はほとんどないので、必ず小銭を用意しておきましょう。チケットをくれますので、降りるまで保管しておきましょう。

バスを降りるときは、自分が降りたいバス停に近づいたら車内のブザーを押して運転手に知らせます。自分の降りるバス停が分からないときは、乗車の際に運転手に伝えておけば降りるところで教えてくれます。

オーストラリアのバスは時間どおりに来ないことも多いので、利用するときは時間に余裕を持って行動しましょう。

STEP3 オーストラリアのタクシー

Photo by David Locke

空港から出ると大抵空港出口の近くにタクシー乗り場がありますのでタクシーを見つけるのは簡単です。ドアは自動ではないので開閉は自分で行います。

一般的に一人で乗車するときは助手席に乗りますが、若い女性がひとりで乗る場合は安全のため後部座席に乗るほうがいいでしょう。ドライバーにもよりますが、スーツケースなどの大型荷物をトランクに積むのを手伝ってくれない人もいますから、その時は自分で積みましょう。

中には英語が上手く通じず、全然違うところに連れて行かれ、目的地に再度向かい直してもらい予定より2倍以上の時間と交通費がかかった留学生もいます。英語に自信がないようでしたら、紙に目的地を書いてドライバーに見せるものいいでしょう。

オーストラリアではタクシーの乗客もシートベルトの着用が義務付けられています、違反すると罰金を科せられますので注意してください。ちなみにタクシーの中は禁煙です。

STEP4 空港リムジンバスを使う

Photo by lyng883

中心街のホテルと空港間をぐるぐる回っている専用のバスがあります。
事前の予約も可能ですが、飛行機が遅れて着くこともありますから、現地到着後に空港内のリムジンバスカウンターで申し込みするのをお勧めします。空港リムジンバスはだいたい20~30分おきに走っています。

空港の出口から滞在予定のホテルまで連れて行ってくれますので何処で降りるのか気にしなくてもドライバーさんにお任せできます。

ただし極端に運行コースから外れた場所にあるホテルだと連れて行ってくれない場合もありますから、申し込みをする前に滞在予定のホテルまで行くかの確認をしましょう。

ホームステイ予定宅がリムジンバス運行コース付近にあればその周辺で降ろしてもらうことも可能です、この場合運転手さんに事前に自分が何処のストリートで降りたいかしっかり伝えておくことが必要です。適当に言っておくと目的地を過ぎてしまい、予定とは違った場所で持参した荷物と共に降ろされてしまいますから気をつけましょう。

STEP5 オーストラリア留学センターの空港お出迎えを利用する

Photo by DearEdward

初めての現地で公共交通機関の利用に不安がある人はオーストラリア留学センターの空港お出迎えをオススメします。

オーストラリア留学センターの空港出迎えサービスは日本語スタッフが空港にお迎えにあがります。初めての土地、初めてのホストファミリーとの対面など、日本語スタッフがいる事で緊張も和らぎますし、万一の緊急時にも初日から日本語で対応しております。

『ホームステイ+空港お出迎え』と言う形でお申し込み頂いた場合、ご到着時に以下のような内容でオリエンテーションを行なっております。

■空港出迎え時のオリエンテーション
・ ホームステイについてのご案内
(ホストファミリー詳細、ホームステイ先でのルール、注意点など)
・公共交通機関の利用の仕方(市内地図、時刻表などの配布)
・滞在先から学校までの通学方法の案内

※オリエンテーションは空港内または移動中の車内にて行います。

まとめ

基本的に空港というのは中心街から少し離れたところにありますから、現地到着後はなんらかの交通機関を利用し滞在予定地まで辿り着かなくてはなりません。

荷物を持ちながらの移動は体力的にもきつく、英語に自信がないのであれば迷子の不安もあります。現地到着後に焦ってしまわないように、日本を発つ前にどの交通機関を利用して滞在先に行くのか、公共交通機関を利用する場合はその運行コースや時刻表などを事前に調べておくのがよいでしょう。

http://www.aswho.com/

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

101

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

オーストラリア留学センターグループ公認のOKGuideです。オーストラリア留学に必要な、ノウハウを更新していきます!

■オーストラリア留学センター ...

必要なもの

各都市の交通機関情報
現金(小銭も持っておくと安心)
体力と自信