更新日: 2011-07-20 10:40:38

写真写り対策、小顔に映るコツ

著者: sagamikomati

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 783

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by MJTR (´・ω・)

写真に写ると、普段より小顔に見える人がいませんか?
小顔に写ったらうれしいですよね。
コツを覚えて、楽しんでください。

STEP1 服装は濃い色の方が締まって見えます。

白い洋服だと、白色が反射して顔色は明るく映りますが、その分膨張して見えるかもしれません。

一人で撮るときは、手でピースを作ってそれをカメラの方に差し出して写すと、手の大きさと顔の大きさを遠近法で錯覚させて小顔に見えます。
カメラ位置を下げて、下から見上げるように写すと、足長に見える効果があります。

STEP2 大人数で撮るときは立ち位置が肝心です。

中央の一番後ろがBESTです。
後列の方が遠近法で小さく見えることと、画面の端の方は横広に広がるという理由からです。

まとめ

顔が大きいことはコンプレックスと思う人は多いようです。たとえ写真写りでも、自信が持てるならいいことです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

19

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
sagamikomati

冷蔵庫にある材料で、勝手に自分流、レシピのないお料理をするのが楽しみです。
失敗と成功を繰り返しながら、家族と一喜一憂する毎日です。
家族4人と犬1匹...

必要なもの

カメラ