更新日: 2010-11-03 02:15:58

残業を華麗にスルーする方法

著者: manasan777

編集者: manasan777

閲覧数: 225

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Tomotaka

残業、したくないですよね。
でも日常的に周囲の人が残業する会社だったとしたら...
毎日定時で帰る訳にはいきません。
特に残業代が出ない人にとって、残業は無意味なものでしかありません。
どうやったら残業を華麗にスルーできるでしょうか。

毎日定時で帰る訳にはいかなくても、ここぞというときに定時で帰れるよう、普段からできることをpicupします。

STEP1 1.スケジュールをしっかり作成し、周りにアピール

自分の作業が遅れていないことを明確にアピールしておくことです。
上司がいるなら、夕方になったら現在の進捗状況を報告に行くのも良いことです。

STEP2 2.どうしても帰りたい理由をさりげなくアピール

今日は○○があるから早く帰らなくちゃ...ということを朝からつぶやき続ける。
地道に繰り返すことにより、みんなも「あれ?○○さん、今日帰らなくていいんですか?」となるはず、ならなかったら、きっと嫌われてます。

STEP3 3.週のうち決まった曜日は帰ることに決めてしまう

例えば、習い事や何かがあるなどとアピールして、○○さんは○曜日と×曜日は早くに帰るんだよな、ということを周囲にすりこんでおくことです。

まとめ

いざ周りが困ったときにはいつでも協力する、時々は無理な残業も快くOKするなど、「僕は残業はしない!」ではなく、状況による柔軟さをもっていることが大切です。
嫌われたら協力は得られません。
もしあなたがリーダーであるなら、周りにも帰れる状況を作ってあげられるように努力してください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

71

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
manasan777

2006年12月末に第1子(女子)、2010年11月末に第2子を出産予定です!
二人目妊娠をきっかけに会社を退職しましたフリーのエンジニアです!

...

必要なもの

1.普段の誠実さとスケジュール管理
2.割り切り