更新日: 2011-03-28 18:45:56

アイシャドウの常識を覆す塗り方

著者: mochin2470

編集者: おばばばば

閲覧数: 6906

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by dreamglowpumpkincat210

女性の皆さんは、普段どのようなアイシャドウの塗り方をしていますか?
単色で塗っている人はきっと少ないですよね。

どうグラデーションをつけるか、今日の色合いをどうするか、そのような悩みはつきものです。

STEP1 ☆薄い色から塗るのは正しい?

グラデーションをつける際
大体何色か入ったアイシャドウのセットを買うと思いますが
その淡色をまず瞼のホール全体に塗って・・・とやってはいませんか?

説明書きにもそのように書いてありますね。

でもまずはその常識を覆しちゃいましょう。

STEP2 ☆色は濃いものから、場所はまつ毛の際⇒瞼全体に

まずは細いブラシを使って、濃いものをアイラインと同じような位置に置き
その次に濃い色をそれより少し太めに乗せます。

何色使うかにもよりますが、一番濃い色以外は指の腹で、ひとつ前に塗った濃い色を、少しぼかしながら乗せていくことが大事です。

最後にハイライトをまぶたの下に乗せる感じで、段階的に薄い色で終わるようにします。

STEP3 ☆薄い色⇒濃い色は一昔前のメイク風に!

一昔前は確かに、薄い色から塗っていく形が主流でしたが
それだと、非常に野暮ったく、濃すぎる、乗せすぎている印象をもたれます。

最後に濃い色を乗せると、そこがはっきりと出すぎるのが原因です。

普段と逆にしてみると、すっきりナチュラルな仕上がりになるので、試してみてください。

まとめ

思い切って最初に濃い色を乗せてみてくださいね!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

119

かなさんさんのコメント

2011/04/11 18:46:55

まさに、一昔前のやり方でやっていました~!!

そうですか!このやり方でやってみます!メイクの仕方がほんとによくわからず
助かります。ありがとう~。

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
mochin2470

面白いことが大好きな主婦です。
今年で三十路に突入します。
ただ今育児奮闘中。(1歳男児持ち)

学生時代は生物専攻、ウシガエルを用いた卒論を書き...

必要なもの

アイシャドウ