更新日: 2010-11-03 00:40:50

ゼンショーを例にとるITを使った合理化

著者: ホエン

編集者: ホエン

閲覧数: 6760

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by ホエン

ITによる合理化などとどこでも目に付く割には、人によるサービスにこだわる企業は少なくないです。

ITによる合理化の例で すきやの牛丼 のチェーン展開をするゼンショーの例をガイドしたいと思います。すごすぎて唖然とします。

STEP1

ゼンショーには、現場に上役がいない店舗が少なくないそうです。夜間などには、店をほとんど1人で切り盛りする店もあるらしいです。

ではどうやって店舗の環境を把握しているのか・・・なんとこの店についている防犯カメラ。店員をも監視しているそうです。

STEP2

店のカメラを見ているのは、警備会社の社員だけではなく、会社の管理職だそうです。管理職がカメラで監視して、スピーカやヘッドフォンに指示を出すそうです。
確かにそうすれば人件費を節約できそう。

STEP3

ただし!店員さんには適職が求められる気がします。

まとめ

セキュリティはどんなんだろうか?と言う心配があります。
確かに強盗が来たら手に負えないかもしれませんが、それは法人保険に入っていればいいのです。

それより心配なのは食い逃げです。
しかし考えてみると、チケットによる料金前払いです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

13

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ホエン

クレイジーな本職はライターさん。33歳。何でもかんでも記事にするマルチな腕を持っているが、一番得意なのは?