更新日: 2011-07-19 11:24:39

知っておきたい、お葬式でのタブー

著者: sagamikomati

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1018

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by sagamikomati

お葬式でのやってはいけないことです。
知らないうちに相手を傷つけることがないよう、覚えておきましょう。

STEP1

亡くなった直後にお悔みの連絡を受けて弔問に出かける際は、喪服を着て行ったり香典を持って行ってはいけません。
まるで前もって準備しているかのようで、失礼にあたります。
地味な色合いの服装で、宝飾品は外して出かけてください。

STEP2 お悔みを申し述べる際は、饒舌なのはタブーです。

心を込めた「この度はご愁傷様でございます。」という常套句で十分です。

またまた、重ね重ね、返す返す、苦しむ、迷う、浮かばれないは禁句です。
不幸を連想させる忌み言葉です。

STEP3 香典袋は、宗教や宗派によって違いがあります。

キリスト教の香典袋は、ユリの花の絵柄。
ハスの花の絵柄は仏教用です。

不祝儀用の香典袋には「御霊前」と「御仏前」がありますが、葬儀には「御霊前」を使います。
「ご仏前」は法事などの法要に使いますので、注意してください。

まとめ

お葬式は、宗教や地方によって大きく変わるものです。地方独特のルールやタブーがあります。
細かいことにこだわるよりは、心からの故人への冥福を祈ることです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

84

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
sagamikomati

冷蔵庫にある材料で、勝手に自分流、レシピのないお料理をするのが楽しみです。
失敗と成功を繰り返しながら、家族と一喜一憂する毎日です。
家族4人と犬1匹...