更新日: 2010-11-02 05:29:52

読みやすい文章を書く 記者ハンドブックを参考に

著者: トーキョー145

編集者: トーキョー145

閲覧数: 354

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by トーキョー145

共同通信社発行の「記者ハンドブック」は用字用語以外にも、文章を書く上での基本的な決まりごとをはっきりと定めているので、これを参考にすれば誰からも文句を言われないスタイルで文章を書くことができる.

STEP1

例えば句読点の打ち方。「  」のなかに句点(。)を付ける人がいるが、これは間違い。
・「これ以上は話しあっても無駄だ。」と社長が叫んだ. これは間違い.
段落の最後に「   」がある場合には(。)をつけない。
・社長は頭を下げた。「責任を取りたい」

STEP2

「   」の後は、直前に主語などの語句があるときは段落の最後でも(。)を付ける。
・社長はひと言「申し訳なかった」。
 それきり口をつぐんだ。

まとめ

読点(。)だけでもこれだけの決まりがある。
慣れるより慣れよだが、最も良いのは新聞の文章を参考にすることだ。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

13

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

元、新聞記者(経済関係)です。ビジネス関係の原稿を書いてきました.これまでの経験で知っていることや学んだことをお伝えしていきたいと思います.
コメントを...

必要なもの

共同通信社「記者ハンドブック」
新聞