更新日: 2011-03-30 14:12:42

ビジネス文書の書き方 公用文用字用語例集と記者ハンドブック

著者: トーキョー145

編集者: おばばばば

閲覧数: 1623

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by yto

記者ハンドブックのほかに、用字用語集としては内閣官房総務課監修の「新公用文用字用語例集」(ぎょうせい)がある。これは官公庁の行政文書を書き表すためのルールを定めたもの。これを参考にするのもよい。

STEP1

前出の「記者ハンドブック」とは用語づかいの細かい点で違っているところもあるが、分かりにくい「お役所言葉」を改めるためにお役所自らが定めたものだから、これに従っていれば問題はない。

STEP2

実際に、「文体について」の項目を見てみると、公用文の文体は原則として「である」体を用いる.ただし、何か伝えたい(公告、告示、掲示)などはなるべく「ます体」を使う.文語の表現はやめて、分かりやすくする――など、わかりやすい文章を各こつが載っている.

まとめ

例えば、お役所言葉、文語の表現を避ける例として、口語のように書くことが示されている.
これが処理→その処理
せられんことを→されるような
ごとく、ごとき→のような・のように
進まんとする→進もうとする
おもなる→おもな

などだ。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

71

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

元、新聞記者(経済関係)です。ビジネス関係の原稿を書いてきました.これまでの経験で知っていることや学んだことをお伝えしていきたいと思います.
コメントを...

必要なもの

「新公用文用字用語例集」(内閣総理大臣官房総務課 監修、ぎょうせい)