更新日: 2010-11-01 17:33:36

ビジネス文書の書き方 記者ハンドブックを参考にする

著者: トーキョー145

編集者: トーキョー145

閲覧数: 261

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by トーキョー145

新聞社や出版社は文書を校閲したり、校生する専門技術者を抱えている.この技術者は、商品としての文章が正しく、適切であるように、目を光らせている.その技術者の規範となる文章術のルールを定めている.朝日新聞など大手紙はその用語集を市販している.ビジネス文書を書く際にそれに準拠してもいいのだが、私は共同通信社社の「記者ハンドブック」に従っている.

STEP1

その理由だが、共同通信社には地方紙など多くの新聞社が加盟しており、それだけ利用者が多いことだ。また、出版プロダクションなどもこのハンドブックに準拠しているところが最近多くなってきた。

STEP2

この「記者ハンドブック」には外来語の書き方や、運動用語の書き方、病名、紛らわしい法令関連用語のほか、(記事の)書き方の基本まで掲載されている。
これに沿って書けば、プロの書き方を学べる.

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

31

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

元、新聞記者(経済関係)です。ビジネス関係の原稿を書いてきました.これまでの経験で知っていることや学んだことをお伝えしていきたいと思います.
コメントを...