更新日: 2011-03-30 11:58:27

キャバクラ選び~働く前に危ないお店を見抜くには

著者: 森山まなみ

編集者: おばばばば

閲覧数: 4070

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by 森山まなみ

キャバで働くにあたって一番避けたいこと、それは給料の未払いです。
絶対に起こってはならないことですが、あり得ないことではありません。
経営状態が悪くて、給料を分割にした上に結局払わなかった。店名は挙げられませんが、実例はあります。潰れそうなお店は資金繰りに必死で、一番保証されるべき給料さえ出せないのです。
給料の未払いは最たるものですが、ワケの分からない罰金やノルマがあるお店も悪質と言えるでしょう。店の女の子の人間関係をみることも大切ですが、まずは何より経営側の善し悪しを見極めるべきです。入店前に悪質店を見破るにはどうしたら良いでしょう。

STEP1

一般的には、求人情報誌や求人サイトからお店を探しますよね。でも、載っている内容で優良か悪質かを見分けることはできません。ある程度は参考になるけれど。
まず載ってる時給や待遇がやたらオイシイ場合、お店側から提示される一定の条件を満たすことを要求されます。で、無理なら時給は下がります。日払いはできません、となるわけです。
たとえば、歌舞伎町最大のキャバA店の最低時給で¥5,000-は嘘じゃないけど、入店基準はすごく厳しい。手っ取り早く働けて現金を手に入れられるお水だって、今の世の中それほどオイシイ話はないのです。

STEP2

求める条件に合ったお店を見つけたら、そのお店のサイト(HP)を探しましょう。
店内の写真や料金システムを見ることができます。また、在籍キャスト(働いてる女の子)も見られるので、お店のレベルも分かります。
その他にもイベントや求人、お店からのメッセージなど載っている情報を一通りチェックして下さい。
そこからお店の雰囲気を感じ取ることもできますよね。
店内の今どきウェブページの一つもないようなお店は経営体制が疑問です。昔ながらのクラブやスナックならないこともあるかもしれませんが、時代のニーズに合った経営をしているお店ならサイトの一つくらい作ります。それを必ず確認しましょう。

STEP3 次に面接申し込みの電話をかけます。

電話応対でもお店の様子は分かります。いいかげんそうだとか、感じの悪い対応をされた場合、そのお店がキャストを大切に扱っていないことが多いです。
未経験件者歓迎と載ってるのに、電話や面接で「お客様を持っていますか?」とやたら聞かれた場合、そのお店は新人を育てる余裕や体力がないと思われます。
即戦力を求めると言うことは、経営があまりうまくいってないことが多いです。

STEP4

面接の後の一日体験入店(体入または一体)は外せません。必ず体入して下さい。これしないで入店を決めないこと。営業中のお店の様子を見て、いろんなことを確認してください。

チェックするポイントは、大まかにキャストや従業員の質や営業中の彼らの動き(対応)、キッチン・トイレが清潔か、客層、日払いの内訳などなど。
基本、体入は全額日払いでお給料がもらえます。この内訳にも注意しましょう。何の控除がいくら引かれてるか。不明だとか納得いかない控除はちゃんと聞いて、その受け答えが気に入らなかったら入店は止めましょう。

まとめ

自分の感覚を大切にして下さい!キャバ嬢やホステスは時給が高い分、精神的に辛いこと多いです。自分のフィーリングに合わない、「このお店なんとなくイヤかも」って感じたら、それは入店しなくて正解です。
最近は夜のお仕事を紹介する会社があります。面接にサポートスタッフが一緒に同行し、希望をしっかりお店に伝えてくれます。スカウトマンの会社版みたいなものなのですが、自分で何も分からないデビュー嬢や希望を主張できない人は利用するのも良いでしょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

41

OKWAVE Guideスタッフさんのコメント

2010/11/02 01:04:39

<OKGuide ライター募集しています>

手軽にはじめられる在宅ワーク 主婦の方、学生の方、副業等々の方

http://okguide.okwave.jp/guides/4900

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
森山まなみ

森山まなみ

OL兼キャバ嬢を10年目で脱サラして、原作シナリオやケータイ小説・コラムなど、しがないモノカキとしてイロ②なトコで日々奮闘してます。 ...

必要なもの

愛嬌と度胸