OKWAVE Guide 印刷用:不動産管理会社と入居者の間についての知識|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large 5007394379 025ed2cfb1 m

必要なもの
この関係を知って、管理会社に横柄になったりすることのないよう部屋を使用する上での規約を守るよう努めてください。

部屋を借りている人は、快適に過ごしたいし、トラブルがあった際にもスムーズに物事が解決してほしいもの。

その上で、管理会社と入居者の関係をお伝えします。
知識として知っておいて損はないと思います。

【ステップ1】

どこの会社のホームページにも入居者満足などを記載していますが、それは建前です。
理由としては、管理会社はオーナーから物件の管理を仕事として任されて、賃金を受け取っています。従って、管理会社にとっての顧客はオーナーになります。

なお、部屋を探している段階においては、どの不動産業者にとっても「客付け」という観点から「お客様」とみなしてもらえます。

【ステップ2】

「お客様は神様」という言葉があるように、オーナーの持ち物件に入居してくれる人はお客様になります。

部屋を借りる際に、オーナーと直接やり取りすれば、家賃を下げてもらえたりするかもしれませんよ。

【ポイント】

オーナーの前に管理会社が間に入っている場合、オーナーが誰であるかという情報を知っておくことが重要となります。
分からない場合は法務局で建物のオーナーの情報を調べることが可能です(ただし有料)
もし、管理会社と何らかのトラブルがあった際は、オーナーに直接話をする状況を整えておきましょう。