更新日: 2010-10-31 11:39:16

アイスコーヒーの作り方 

著者: handwerk

編集者: handwerk

閲覧数: 204

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Calgary Reviews

アイスコーヒーは、朝のカフェインの上昇で涼しく過ごすことができ、暑い夏の日にはふさわしい飲み物です。ファストフードのお店からコーヒーショップまでとさまざまな場所でアイスコーヒーは手に入りますが、自分で作って飲む方がもっと便利でお得だし、新鮮で自分の好みの味に作ることができます。

STEP1

1 非常に濃いコーヒーを大さじ2杯をコーヒーフィルターに入れ、コーヒーメーカーのフィルターに挿入します。後で加える氷の作用に対して濃いコーヒーを入れます。氷が溶けたらコーヒーを薄めるので。

STEP2

2 約130mlの水をコーヒーメーカーのウオータータンクに入れます。もし水道水の味に不満がなければそれを、そうでなければ浄水器の水を使いましょう。中には、出来上がったアイスコーヒーの味に影響するほど、薬品くさい水道水があります。もしそういう地域にいる方は、浄水器の水を使った方がいいかもしれません。

STEP3

3 コーヒーメーカーを作動させ、コーヒーが抽出されるのを待ちます。

STEP4

4 密閉容器に抽出されたコーヒーを入れて、一晩冷蔵庫で冷やします。コーヒーを冷たく冷やしておくと、後で加えることになっている氷を入れてもすぐには溶けないからです。コーヒーの中で氷が溶けすぎると、コーヒーの濃度が薄まり水っぽい味になってしまいます。

STEP5

5 冷蔵庫で冷やしたコーヒーを、コーヒーの量に十分適したふた付きの瓶に注ぎ、残りの材料を加えていきます。この瓶は中身の材料を完全にシェイクするために使います。1杯だけ作るのであれば400mlの瓶で十分でしょう。

STEP6

6 砂糖を小さじ1杯(増減はお好みで)、お湯を大さじ3杯、瓶の中に入れます。お湯はコーヒーに入れた砂糖をよく溶かすためのものです。瓶にふたをして中のものが少し泡だってくるまでシェイクします。

STEP7

7 氷を詰めた400mlが入るグラスに、シェイクしたものを注ぎます。

STEP8

8 200mlのミルクを加えて、スプーンでゆっくりかきまぜます。

STEP9

9 砂糖、ミルク、コーヒーシロップなどを追加してかき混ぜながら、好みの味に調合していきましょう。

まとめ

ヒントと注意点
アイスコーヒーに使用するのに一番いいのは深入りです。
コーヒーが濃すぎたらミルクかお湯を足しましょう。
おいしくするには、余ったコーヒーを使わないこと。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

69

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
handwerk

さわらどっとじぇーぴー