更新日: 2010-10-31 11:27:55

コーヒーメーカーのタイプ

著者: handwerk

編集者: handwerk

閲覧数: 261

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Andrew Michael Nathan

もしあなたがコーヒー通であれば、コーヒーの味は全部同じじゃないということはご存じですね。それ故市場にはたくさんの種類のコーヒーメーカーがありあなたの好きな方法でコーヒーが飲めます。どれだけ強く、そして強い香りにするかはコーヒーの入れ方で決まります。また、異なるコーヒーメーカーにはそれぞれ異なる豆のひき方が必要です。使用するコーヒーメーカーのタイプによって、カップに抽出されたコーヒーのカフェインの量をも影響されます。

STEP1 電気ドリップコーヒーメーカー

これは最もよく目にする家庭用コーヒーメーカー器です。挽いたコーヒーの粉を円錐形のじょうご状のものにセットされた紙のフィルターに入れます。水を上部に搭載された部分に注入します。その水が温まってきたら、挽いたコーヒーの上にドリップされ、そのときじょうご状の筒の下のポットに流れます。大勢にコーヒーを作るときには、ドリップコーヒーメーカーはベストです。でも1杯か2杯分だけが欲しいならば、この器具は理想的とはいえません。それは、少量の水ではコーヒー抽出温度に達しないかもしれないからです。そしてとても薄くなってしまうかもしれません。この器具で抽出したコーヒーは、一般的にコーヒープレスやエスプレッソの機械で抽出したものよりも薄くなります。

STEP2 フレンチプレス(コーヒープレス)

1850年代、フランスで作られたこの装置は、編み目のフィルター処理をされたプランジャーというふたを下げるものがついた縦のガラス容器です。そのガラス容器の底にコーヒーの粉をスプーンで入れ、熱いお湯を注ぎます。約4分たったらふたを押し下げます。温かい出来たての香りの飲み物に仕上がります。フレンチプレスで使うコーヒーの挽きの細かさは、ドリップ抽出で使われるものよりも荒く挽いたものを使用します。フレンチプレスの中でコーヒーと水が直接混ざるから、このように抽出されたコーヒーは、よりいっそう豆の精油分を持ち続けます。この方法は3杯から4杯のコーヒーを作るのにちょうどいいです。また、1杯分用のもっと小さい形のものもあります。

STEP3 直火用エスプレッソメーカー

モかポットという言い方でも知られている通り、直火用エスプレッソメーカーで最も濃いエスプレッソが作れます。大手のデザイナーエスプレッソメーカーにお金を掛けることもありません。この装置は、上部は注ぎ口とふた付きの容器、下部は金の底の部分に金のバスケットが付いているものの2つの部分からなっています。金の底部に冷たい水を入れて、金のバスケットに挽いたコーヒーをきつめに詰めます。その金の底部に上の部分を載せひねって取り付け、中火にかけます。十分に底の部分に圧力が強まったら、熱いお湯がコーヒーの粉を通して上昇し上部に集められます。すべての水が上昇してしまったら、とっても濃いエスプレッソをいただくことができます。最高の味わい深いコーヒーのために、極細挽きのものを使用するのが効果的です。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

68

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
handwerk

さわらどっとじぇーぴー