更新日: 2010-10-31 11:20:25

より長く温かいままのコーヒーの保ち方

著者: handwerk

編集者: handwerk

閲覧数: 922

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by rachelkramerbussel.com

アメリカ人の50%以上は毎日コーヒーを飲みます。コーヒーのカフェインは興奮剤として、元気を付けるものとして働きます。これはとても知られていることです。たくさんの種類の冷たいコーヒー飲料がありますが、多くの人は温かいコーヒーを好みます。数え切れないほどのアメリカ人が、朝、おいしい、湯気の立った、香り豊かなコーヒーを楽しんでいます。大好きな入れ立てのコーヒーを長く温かいままで保つ秘訣を、ここにいくつか紹介しましょう。

STEP1

1 コーヒーメーカーのみのものの代わりに、保温機能付きコーヒーメーカーを購入しましょう。これらの器具は2層絶縁構造を持つ魔法瓶を使用しています。ですので熱の漏れるのを防ぎ、コーヒーを温かく4時間ほど保ちます。高位保温性コーヒーメーカーは山間部に住む人々にとっても役立ちます。

STEP2

2 もし新しい保温性コーヒーメーカーを購入できないなら、コーヒーを入れた後すぐ保温性コーヒーポットを使います。ガラスポットではなく、保温性ポットは強く、外見はステンレスで、熱が逃げるのをブロックするため中は2重の真空断熱層になっています。これは入れ立ての温度を数時間をキープします。コーヒーを入れる前にお湯で魔法瓶をさっと洗浄してください。

STEP3

3 通常のマグカップの代わりに、旅行用サーモマグでコーヒーを飲んでみてください。サーモマグは、内部に断熱コーティングと、内側にコーヒーの熱を閉じ込めるためにぴったりと固定のふたが取り付けてあるので、熱放射を防ぎます。

STEP4

4 マグウォーマーかホットプレートに、コーヒーを入れた普通のマグを置きます。また、コーヒーができたときにその器具によって温められるので、普通の陶器のマグをドリップコーヒーメーカーの上に置くこともできます。温かいマグはいつもより長くコーヒーの熱を保ちます。

STEP5

5 もしクリームか砂糖を入れるのなら、空気中にコーヒーの熱が放出する前にコーヒーを注いだらすぐに加えましょう。

まとめ

注意点
長い間ホットプレートの上にコーヒーマグを置いておくと、飲み物がこげてしまいます。
サーモコーヒーポットのふたはきつく閉めなければいけないので、関節炎をお持ちの方には難しいかもしれません。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

9

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
handwerk

さわらどっとじぇーぴー

必要なもの

必要なもの:保温コーヒーメーカー、魔法瓶あるいは保温できるコーヒーポット、保温マグ、ホットプレート