更新日: 2011-08-14 13:26:41

平らなコーヒーフィルターはより浸潤時間を要するか。

著者: handwerk

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 646

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by rachelkramerbussel.com

コーヒーフィルターには円錐型とバスケット型の2種類があります。どちらも紙や繰り返し使えるパーマネントタイプのものがあります。

STEP1 どっちのフィルターで?

どちらのフィルターを使うかはあなたのコーヒーの入れ方次第です。商業ドリップコーヒーメーカーは明らかに言います、コーヒーに滴り落ちるお湯の軌跡やフィルターの形次第だと。液体の噴出がより幅があるものは底が平らになっているフィルター、それに対して噴出が長くて小さいものは円錐型。

STEP2 浸潤時間

適切に機能しているなら、円錐型はバスケット型よりもより浸潤時間を要します。しかしながら、バスケット型は一般的に平らな底の真ん中に、コーヒーの液体が出てくるように小さい穴があります。(円錐型フィルターの底の並んだ穴とは反対に)。これはコーヒーを浸潤し過ぎて詰まりがちにします。

STEP3 パーマネントフィルター

紙のフィルター(円錐型、バスケット型どちらも)はパーマネントフィルターよりもコーヒーをなめらかな味わいにします。パーマネントフィルターよりもより細かく挽かれた豆でより濃いコーヒーを作り出します。しかし、紙のフィルターのような方法で豊かな風味を閉じ込めることはしませんが、パーマネントフィルターはより深いニュアンスの味わいのするコーヒーを作り出します。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

12

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
handwerk

さわらどっとじぇーぴー