更新日: 2010-10-31 11:14:10

コーヒーの歴史

著者: handwerk

編集者: handwerk

閲覧数: 214

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by handwerk

コーヒーは、チェリーのようなフルーツの種を挽いて作る天然のカフェイが入った飲み物です。コーヒーを栽培している53カ国のすべての国は、北回帰線と南回帰線の間に位置します。コーヒーの歴史は、世界で2番目に取引される商品として重要です。

STEP1 初期(800年-1600年)

コーヒーは、エチオピア人のヤギ飼い、カルディのヤギがコーヒー豆を食べたことから発見されたと伝えられています。1000年ごろ、アラブで初めて炒った豆でコーヒーがいれられ、その飲み物はアルコールの代わりとして、モスリムたちの間で広く知られるようになりました。世界的にイスラムが広がったとき、コーヒーも同じくして広まりました。北アフリカから地中海、そしてインドへと。

STEP2

ヨーロッパの発展(1600年-1800年)
1616年、オランダ人がヨーロッパにコーヒーをもたらした。そして1619年、植民地のジャワ(現インドネシア)で、初めてヨーロッパ人が経営するコーヒー園を設立しました。1683年にヨーロッパの一番最初のコーヒーハウスがオープンされ、フランス人やアメリカ人の革命派の関連を通じて、コーヒーハウスは政治的討論の場として急速に知れ渡りました。1700年、コーヒーはフランス人によって中南米にもたらされました。

STEP3 近代の需要

今日、コーヒーは、アメリカ人が1カップ290mlの量を日に3杯以上消費することによって、年間600億ドル(約4.9兆円(2010/10/28現在レート))産業となっています。毎朝52%の大人のアメリカ人がコーヒーを飲みます。そしてコーヒー好きは平均して年164.71ドル(約1万3,500円(レート同上))コーヒーに費やします。コーヒーは水の次に世界で最も知られている飲み物です。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

11

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
handwerk

さわらどっとじぇーぴー