更新日: 2018-11-05 19:29:35

既卒やフリーターの転職が厳しい理由

著者: eminem_and_

編集者: eminem_and_

閲覧数: 335

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by https://pixabay.com/

所が、最近は少子化の影響により人手不足の企業も増え、既卒の獲得に積極的になりつつあります。今回は、既卒やフリーターの就活のコツやおすすめのエージェントをご紹介したいと思います。

STEP1 なぜ既卒は就職活動が厳しいの?

なぜ既卒の就活が厳しいのかというと、既卒やフリーターは大学卒業後就職経験がなくても中途採用として扱われるからです。


就業経験がなく業界未経験の人材をとるよりは、新卒を採用して一から育てる。という風潮があるんですね。そのため、単位がとれていても新卒扱いになるために就職浪人をする人も多いんですね。


既卒やフリーターが就活を有利に進めるためには、実践的な人材であるとアピールする必要があります。


志望する業界に関係のある資格を取ったり、語学力を鍛えたりするのもいいアピール材料になります。

他にもウズキャリのように既卒の就活に強いエージェントを利用するのもおすすめです。

STEP2 ウズキャリって?

ウズキャリとは、新卒と比べて就職/転職活動において苦戦してしまう第二新卒(既卒・フリーター含む)向けに就活サポートを実施している就職サイトです。
個別での就活サポートが基本なので、ひとりひとりに向き合い、最適な求人をご紹介しています。
専任のキャリアカウンセラーが担当として付き、就活をトータルサポートします。
キャリアカウンセリングに非常に力を入れており、仕事選びの条件だけでなく、あなたの性格・経験・能力を深く把握できるまでヒアリングし、キャリアプランをご提案しています。求人を紹介するだけの従来の就活サポートとは一線を画しており、1~2時間の面接対策を各面接の際に実施しています。
また、面接後のフィードバックを企業から回収することで最短での内定獲得を実現しています。
入社後も定期的にフォローを継続することで、入社後の退職率が高い時期を二人三脚で乗り越えることによる「離職率の低さ」にも定評があります。
「第二新卒」という言葉のイメージを「ネガティブなもの」から「ポジティブなもの」に変えるべく、泥臭く就活サポートを行っています。

STEP3 ウズキャリ利用者のクチコミ

Photo by https://pixabay.com/

T・Nさん(22歳) 男性/転職活動期間1ヵ月
「入社後配属された部署は僕自身が学生時代に学んだ専門的な要素の絡まない部署でした。
それでモチベーションが低下してしまい、なんとなくダラダラと働いていました。ある日ふと、このままではいけないのではないか。もっとバリバリと専門職として働ける企業に行きたいと思い、第二新卒として転職活動を開始しました。
不思議なことに転職活動期間中は、退職するつもりの企業の仕事もモチベーション高くいられました。
希望する業界、業種の仕事に早いタイミングで出会うことができ、第二の新生活を開始しました。

まとめ

厳しいと言われている既卒の就活も、ウズキャリのように専用のエージェントを利用して対策することが大切です。

プロが書類や面接の対策を立ててくれるので、自分1人では分からなかったポイントを指摘してくれることも。こういったサービスを有効利用するのもおすすめですよ。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

0

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する