更新日: 2018-11-02 10:48:07

トルコ中銀、注目の政策金利は?

著者: プレミア証券

編集者: プレミア証券

閲覧数: 549

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by プレミア証券

プレミア証券のコンシェルジュがプロの視点で「個別株」「日経225」「FX」「商品先物」について分析した、投資に役立つ情報満載のレポートをお届けします。

著者:プレミア証券コンシェルジュ 森村等

元記事:https://premiere-sec.jp/2018/10/30/%e3%83%88%e3%83%ab%e3%82%b3%e4%b8%ad%e9%8a%80%e3%80%81%e6%b3%a8%e7%9b%ae%e3%81%ae%e6%94%bf%e7%ad%96%e9%87%91%e5%88%a9%e3%81%af%ef%bc%9f/


株式会社オウケイウェイヴは、2018年7月に、株式、日経225、FX、商品先物取引を取り扱うプレミア証券会社を子会社化しました。本記事は勧誘を目的とするものではありません。

https://www.okwave.co.jp/press/20180611//


コンシェルジュ「森村等」FXレポート

トルコ中銀は10月25日、現行の政策金利24%を据え置きました。


9月の前回会合で主要な政策金利である1週間物レポ金利を年24%(+6.25%)に大幅利上げを実施しましたが、輸入物価上昇の影響で9月消費者物価指数(CPI)上昇率は前年同期比24.5%に達しております。25日20時に政策金利据え置きが発表された直後のトルコリラ/円は19.58円を安値に、19.92円まで上昇し、NY時間で20円台を付けました。

トルコリラ円、上昇の要因は主に3つ

政策金利据え置きにも拘らず、トルコリラ円が上昇した背景としては、主に3つあると考えています。ひとつは、アルバイラク財務相が10月9日、通貨リラ安に伴うインフレ対策として、小売りなどの国内企業に対し、年末まで最低10%の値下げを実施するキャンペーンを発表し、政治的圧力を使ってインフレ退治を演出したことです。


2つ目は10月12日に米国人牧師ブランソン氏が釈放されたことによる対米関係改善への期待があることです。3つ目はトルコのサウジ領事館で起きた記者殺害事件に関して、エルドアン大統領の発表が殺人を計画的としながらも、サウジ国王や皇太子についての言及はなく、トルコとサウジの関係悪化につながらないことです。こうした安心感からトルコリラが買い戻されたと思われます。


また、10月17日にトルコが発行した20億ドルのユーロ債が、欧米の投資家から3倍の応募があったとのニュースからも、8月のトルコショックは払しょくされ、トルコへの投資が正常化に戻りつつあるように思います。

原油価格がトルコリラの値動きに影響を与える可能性あり

Photo by プレミア証券:森村等

内部要因に関しても、8月の急落時に半減したトルコリラ円の建玉数量(くりっく365FX)はゆるやかな増加傾向を示しており、急落前のような過熱感は今のところなく、下値を徐々に切り上げる値動きになっているようです。


そのほか私が個人的に注目している点として「原油価格」があります。トルコは石油、天然ガス資源に恵まれていないため、エネルギーは外国からの輸入に大きく依存しています。今後の石油価格の動向がトルコリラの値動きに影響を与える可能性もあり、注視する必要があると考えています。

まとめ


■プレミア証券コンシェルジュによる、充実のレポート


様々なコンシェルジュによるブログ記事が満載のオフィシャルレポートサイトもぜひご覧ください。プレミア証券なら、コンシェルジュの充実したレポートが無料でご覧いただけます。
プレミア証券のオフィシャルサイトでは、プレミア証券コンシェルジュによる、個別株・日経225・FX・商品先物などを中心にオフィシャルレポートをまとめてご覧頂けます。


プレミア証券コンシェルジュ、オフィシャルレポートサイト
https://premiere-sec.jp/
森村等の記事一覧はこちら
https://premiere-sec.jp/category/concierge/morimura-hitoshi/


■プレミア証券について


プレミア証券はオンライン+対面取引にて「株式・為替・商品先物取引」を総合的に取引ができる新しい証券会社です。FX・株式・商品先物を取り扱い、オンライン取引のスピード感と、日々相場を追及しているコンシェルジュ達との対面取引をみなさまにご提供しております。
マーケットの状況に応じて最善の商品をお取引することができるだけでなく、リスクを分散させてのポートフォリオ運用もご提案が可能です。


プレミア証券公式サイト

https://www.premiere-sec.co.jp/


■プレミア証券から本記事をご覧の皆さまへ■


【ご注意】
当記事は、作成日における情報に基づくものであり、予告なしに変更される場合があります。当記事の内容は当社が信頼できると判断した情報源から取得した情報に基づき作成しておりますが、その正確性・信頼性・完全性・妥当性を保証するものではありません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。当社は当記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではありません。当記事の内容につきましては、お客様のご判断に基づきご利用いただき、投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行っていただくようお願いいたします。


【リスク等について】
当社がご提供する金融商品取引および商品先物取引は、価格変動リスクや信用リスク、為替変動リスク、金利変動リスク等があり、元本や収益を保証するものではありません。株価指数先物取引や商品先物取引、外国為替証拠金取引等のデリバティブ取引は、少ない資金で取引を行うことができ、多額の利益が生じることがある反面、預託した証拠金以上の損失が生じ、追加の証拠金が必要になる場合もございます。また、外国為替証拠金取引においては、証拠金が一定水準以下となった場合は、保有ポジションが自動的に強制決済されるロスカット制度が適用されます。


【手数料・証拠金等について】
手数料は取扱商品、かつ、取引コース(オンライン・対面取引)によって異なります。株式取引(ETF、ETNを含む)は最高で約定代金の1.1880%(税込)となり、加えて信用取引であれば金利・貸株料・品貸料等がかかります。外国株式は国内手数料に加えて、外国金融商品市場等における手数料及び公租公課その他の諸費用がかかりますが、市場状況や現地情勢等に応じて決定されるため、その金額をあらかじめ記載することができません。日経平均先物は最高で27,000円(片道・税込)、外国為替証拠金取引は2,000円(同)かかります。商品先物取引は銘柄によって異なり、最高で10,000円(同)かかります。証拠金については取扱商品によって、週次・半月毎に変動するほか、取引所の判断で臨時に見直されることもあります。最新の証拠金については、弊社のホームページをご参照ください。

お取引の前に契約締結前交付書面及び取引約款等の内容を熟読していただき、リスクや仕組み等を充分ご理解のうえ、ご自身の責任とご判断でお取引ください。当社の企業情報は本店又はホームページで開示されています。


プレミア証券公式サイト

https://www.premiere-sec.co.jp//


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

3

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加