更新日: 2018-10-31 18:18:57

彼の作品を読まねば文学は語れない? ロシアの歴史的文豪「ドストエフスキー」特集。

著者: まめ

編集者: まめ

閲覧数: 675

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by akk_rus

10月30日はロシアの歴史的文豪「フョードル・ドストエフスキー」の生誕日。

ギャンブルと女性が大好きで、常にお金に困っていた人で「さて、さしあたり何をするか。それが問題です。何しろ借金があるのですからね」という名言(迷言?)を残しています。また、当時の反社会的サークルに入会し、シベリア流刑などの苦難を経験しながらも「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」を書き上げ、世界的な評価を得ます。残した作品はアインシュタインや精神学者のフロイト、黒澤明、手塚治虫など様々な人物が影響を受けているそうです。


  • ドストエフスキーが文学界で特別視されている理由
  • 「カラマーゾフの兄弟」を楽しく読む方法
  • 「罪と罰」の中で語られている「罪」と「罰」とは何ですか
  • 「人間は慣れる動物である」という言葉はどの作品のどの場面?


★Q&Aサイト「OKWAVE」で、弁護士、社労士、管理栄養士、占い師、FP、薬剤師、心理カウンセラーなど、30人以上のプロの専門家への非公開&無料相談が可能です。ぜひ、ご利用ください           
https://project.okwave.jp/private_qa/?&slp=201810

ドストエフスキーが文学界で特別視されている理由はなんでしょうか。また、最初に読むのに適した作品を教えてください


Q&Aの引用を読込んでいます。


Q&Aの引用を読込んでいます。

「カラマーゾフの兄弟」がなかなか進みません。楽しく読むにはどうしたらいいですか?


Q&Aの引用を読込んでいます。


Q&Aの引用を読込んでいます。


Q&Aの引用を読込んでいます。

「罪と罰」の中で語られている「罪」と「罰」とは何なのでしょうか?


Q&Aの引用を読込んでいます。


Q&Aの引用を読込んでいます。

「人間は慣れる動物である」という言葉が好きなのですが、ドストエフスキーのどの作品のどの場面で書かれたか教えてください


Q&Aの引用を読込んでいます。


Q&Aの引用を読込んでいます。

名言

・ある社会の文明の発達の度合いは、刑務所に入ってみることでわかる。


・楽園は我々一人ひとりの内にあるのです。

 それは今私の内にもあるのです。


人間には、幸福のほかに、

 それとまったく同じだけの

 不幸がつねに必要である。


コロンブスが幸福であったのは、

 彼がアメリカを発見した時ではなく、

 それを発見しつつあった時である。

 幸福とは生活の絶え間なき

 永遠の探求にあるのであって、

 断じて発見にあるのではない。

まとめ

Photo by mvstang

<public relations>       

★Q&Aサイト「OKWAVE」にOK-チップが導入! 質問・回答をしたり、他人からのお礼でもらえるチップをためると、今後、様々な優待に利用できます。


OKWAVE

https://okwave.jp/ 


新規登録

https://okwave.jp/register


OK-チップとは?

https://project.okwave.jp/thanks-economy/?owad=myp&t=pc&w=20180626


多言語対応スタート!101の世界の言語で質問・回答が可能になりました

https://www.okwave.co.jp/press/20181025/

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

1

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
まめ

まめに更新していきたいと思います!よろしくお願いします。