更新日: 2010-12-19 21:52:02

インフルエンザ予防に、正しい手洗いを!

著者: 栗鼠亀

編集者: 栗鼠亀

閲覧数: 215

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Debs (ò‿ó)♪

インフルエンザ予防の一番は、手洗いとうがいです。
ですが、間違った手洗い・うがいをしていては、予防になりません。
まずは手洗いの仕方をご紹介します。

STEP1 うがいより先に、手を洗いましょう。

手にはインフルエンザウィルスだけでなく、いろいろなばい菌がついています。
そんな手で触った場所には、もれなくウィルスやばい菌がついてしまいます。
ですから、手は外から帰ってきて、一番にきれいにするところなんです。
手を洗うまでは、口・鼻・目に触らないようにしましょう。

STEP2 水で手をぬらし、石鹸をつけてよく泡立てます。

Photo by rachelkramerbussel.com

手のひらと甲、指の間、親指、指先、爪の中、手首と洗っていきましょう。
最初に手をぬらしたときに、蛇口にウィルスがついてしまっている可能性があります。
手のついでに蛇口も軽く洗いましょう。
全部石鹸できれいに洗ったら、水で10秒以上流します。

STEP3

Photo by Kuruman

手を洗った後は、ハンカチやペーパータオルでよく水気を取ります。
家族で共同で手拭タオルを使っていると、ウィルスがついたときに全員に感染してしまうこともありますので、気をつけて。

まとめ

Photo by tsubasuke5

爪が長いと、中にばい菌が入りやすいです。
爪ブラシを使って洗うか、短く切るかしたほうが良いでしょう。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

66

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
栗鼠亀

小さなことでも、気になったことや新しく知ったことをご紹介していけたらと思ってます。