更新日: 2018-09-11 18:36:15

iPhoneの写真がパソコンで表示されない時の5つの対策

著者: moramikaori

編集者: moramikaori

閲覧数: 893

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

iPhoneをWindowsパソコンに接続すれば、iPhoneのアイコンが「コンピューター」の「ポータブルデバイス」に表示されます。中に入ると、「DCIM」というフォルダがあって、撮った写真や保存した画像などが表示されます。iPhoneの写真を見たり、パソコンにコピーしたりする場合、「DCIM」に入れば簡単にできます。

しかし、DCIMフォルダの中身が表示されない、更にiPhoneのアイコンがパソコンの「ポータブルデバイス」に表示されない場合はあります。その時はどうすればいいですか?iPhoneの写真が見れない問題を解決するため、以下の5つの対策をご紹介します。

対策1、iPhoneの画面で「信頼」をタップする

iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続したら、画面で「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示されます。その場合、「信頼」をタップしてください。その後、iPhoneの写真がパソコンで表示できるようになります。

対策2、iPhoneの画面ロックを解除する

画面ロックが掛かっている場合、iPhoneの写真がパソコンで表示されない可能性はあります。従って、iPhoneの画面ロックを解除してから写真を確認してください。

対策3、iCloudの写真設定を変更する

もしiPhoneの写真がパソコンで一部表示されないなら、iCloudの写真設定で「iPhoneのストレージを最適化」に設定されたため一部の写真がiCloudに保存されている可能性があります。


iCloudの写真で「iPhoneのストレージを最適化」を選択すれば、iPhoneの写真のフルバージョンがiCloudに保存され、iPhoneに最適化されたバージョンだけが保存されます。それはiPhoneの空き容量を増加することができますが、最適化されたバージョンの写真はパソコンで表示されません。もしパソコンで写真が一部表示されない問題を解決したいなら、次の手順に従って操作してください:


Step 1.iPhoneで「設定」 > 「ユーザー」 > 「iCloud」 > 「写真」に入ります。


Step 2.「iCloudフォトライブラリ」部分の写真設定をチェックしてください。もし「iPhoneのストレージを最適化」にしているなら、「オリジナルをダウンロード」に変更してください。

Photo by moramikaori

対策4、iPhoneの専用転送ソフトを使って写真を見る・転送する

以上の対策でパソコンでiPhoneの写真が表示されない・一部表示されない不具合を解決できないなら、iPhoneの転送ソフトを利用してみましょう。


おすすめ記事:

iOS 12にアップデートすべきか

対策5、写真をPCに転送する時のフォーマットを変更する

iPhoneをiOS 12にアップデートしたら、「HEIF」(.HEIC)形式の写真を撮ることができるようになりました。この形式の写真はWindowsパソコンでサムネイルが表示されることができますが、クリックしても写真を見れない問題があります。その場合、写真の転送設定を変更すれば簡単にパソコンで見れるようになります:

Step 1.iPhoneで「設定」 > 「写真」に入ります。

Step 2.「MacまたはPCに転送」の下に「自動」を選択します。それで「HEIF」(.HEIC)形式の写真がパソコンで自動的に「JPG」形式の写真に変換され、プレビューしたり、編集したりすることができます。

Photo by moramikaori

まとめ

以上はiPhoneの写真がパソコンで表示されない時の5つの対策です。いかがでしたか?

また、何かご意見でもございましたら、コメントをしてください。

よければ「ありがとう」をクリックしてくれて嬉しいです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

1

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
moramikaori

iPhone愛好家として、質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

必要なもの

何も