更新日: 2018-09-10 17:37:50

iOS 11でアプリが使わない原因と対処法

著者: moramikaori

編集者: moramikaori

閲覧数: 407

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

あなたのiPhoneはもうiOS 11にアップデートしましたか?アップデートしたあと、アプリの起動は出来るかどうかを確認しますか?

多くの人がiOS 11にアップデータしたあと、アプリが使わないというトラブルが発生します。

これはなぜですか?修復可能ですか?本記事を参考して答案を探しましょう。

iOS 12でアプリが使わない原因

まずはiPhoneで 設定 > 一般 > 情報 > APPの順でタップしてください。

「APP」をタップして画面が切り替わらないなら、おめでとう、あなたのiPhoneで64Bitアプリしかありません。つまり、使わないアプリはないはずです。

「APP」を開くと、「APP互換性」というページが現れたら、iOS 11で使えないアプリが全部表示されます。

原因としては、iOS 11から32Bitアプリが起動出来なくなることです。

32Bitアプリの開発元は64Bitにアップデートしていないから、32BitアプリにサポートできないiOS 11で起動できなくのは当然なことですね。

解決可能ですか?

この問題は、開発元のアップデートを待つしかありません。ですから、アプリの使用者側は解決できる可能性がないです。

代替えのアプリを探したほうがいいと思います。

そして、iOSへのアップデートは各アプリに影響を受けることがありますので、今後はよく調べて考えて慎重にアップデートすることをおすすめします。

まとめ

以上はiOS 11でアプリが使わない原因と対処法の検討です。

また、何かご意見でもございましたら、コメントをしてください。

関連記事

iOS 12にアップデートした後にiPhone/iPad/iPod touchの消えたデータを復元する方法

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

1

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
moramikaori

iPhone愛好家として、質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

必要なもの

何も