更新日: 2011-07-28 18:50:26

払込み用紙、コンビニで払えるものと払えないもの

著者: YellowGold06

編集者: kumapis

閲覧数: 4478

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by YellowGold06

ショッピングの振込みや税金の払込み等、コンビニエンスストアで払えるものと払えないものがありますよね。
わざわざ銀行や郵便局まで行くのも面倒だし、コンビニで払えたらラクなのにと思いますね。
これはコンビニで払えるかしら?と思い、コンビニへ持って行ってみると払えなくて、銀行や郵便局まで行って二度手間なんてことも。

払込み用紙の取り扱い機関を見てもよくわからない。
そんな時に一瞬でコンビニ払いができるかどうかの見分け方があります。

STEP1 とても簡単です。

払込み用紙の一番左の枠内にバーコードがあるかどうかです。
バーコードのあるものはコンビニで支払うことができます。
バーコードのないものは取り扱い機関まで。

STEP2

バーコードがついていても支払い期限が過ぎたものはコンビニでも払えません。
たまに払えるものもありますが、そのしくみはよくわかりません。

まとめ

取り扱い機関を調べなくても一瞬で見分けられます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

37

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
YellowGold06

主婦歴長~いです。

仕事もしているので時間がなくてなかなか買い物に行けない時、ついついネットショッピングに夢中になります。

手芸や洋裁が好きで...