更新日: 2018-03-19 11:18:01

韓国、ICO規制緩和の方向か、Bithumb(ビッサム)の新規事業は

著者: OKWAVE-ICO-NEWS

編集者: OKWAVE-ICO-NEWS

閲覧数: 2076

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

2018.03.19

STEP1 韓国、ICO規制緩和の方向か、Bithumb(ビッサム)の新規事業は


  • ICO規制緩和の方向感
  • 仮想通貨取引所の新たな取り組み


韓国で昨年9月に禁止されたICOは、ある一定の条件で規制が緩和される可能性があると複数のメディアが報じた。


「ICOに関しては、第三者の意見をヒアリングしている段階。だが、政府は規制が備わった仮想取引インフラの構築を目的に、ブロックチェーンのさらなる技術開発を推し進める」(金融委員会 Kang Young-soo氏)。 


韓国は仮想通貨の規制に関して、中国や日本と定期的にディスカッションを開催。規制緩和が実施される場合、隣国における規制に並んだ枠組みになるとみられる。


同国では、公務員による仮想通貨の所有や取引を禁止したと報じられた一方、仮想通貨マーケットにおける積極的な取り組みも報道されている。


韓国最大手の仮想通貨取引所であるビッサム(Bithumb)は、カフェやレストランで仮想通貨専用キオスク(自動販売機)を設置。ビッサム口座からの決済が可能となる。同取引所は、国際送金の促進化を目的にBitpay社とも連携したと報じられた。



https://www.coindesk.com/south-korea-may-lift-ico-ban/


http://cryptonewsapp.com/2/Article/3403/156368240#.WqnsmejFK70


https://www.tokennews-hk.com/column/south-korea-to-ban-officials-from-crypto-trading/


https://cointelegraph.com/news/south-koreas-largest-crypto-exchange-bithumb-to-supply-crypto-kiosks-to-restaurants



まとめ

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

0

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する