更新日: 2018-02-22 11:08:54

Aperture、ICOでコインファームのAML / KYCプラットフォーム採用

著者: OKWAVE-ICO-NEWS

編集者: OKWAVE-ICO-NEWS

閲覧数: 1939

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by TokenNews

2018.02.20

STEP1 Aperture、ICOでコインファームのAML / KYCプラットフォーム採用

不動産関連会社の米・Apertureは、今月末に実施予定のICOに向けて、マネーロンダリング防止(AML)プラットフォームを運営する英・コインファーム(Coinfirm)と提携すると同社創業者で共同経営者を務めるアンドリュー・ジュエット氏が語った。


米・カリフォルニア州に拠点を置くApertureは不動産関連の技術開発や投資事業を手掛ける。差し押さえられた住居向け不動産の取得や再生、売却に加えて、小規模投資家に対するローン貸し付けなどが含まれる。



Apertureが新規発行するコイン名はProperty Coin。ApertureはICOを通じて、既存顧客に加え新規顧客および投資家の囲い込みを目指す。



「Property
Coinは、ブロックチェーン上で証券化された不動産ローンおよび不動産資産のポートフォリオ。米国内でレギュレーションD、米国外でレギュレーションSとそれぞれの規制を受けて投資家に提供される」(ジュエット氏)。これを受けて「AML
/ KYC分野で技術と実績を持つコインファームと提携した」(同)。



コインファームのプラットフォームは、ブロックチェーン上における仮想通貨の取引に透明性を持たせつつ、コンプライアンスを徹底させることを特徴とする。



[中西 玄太]


https://blog.coinfirm.io

まとめ

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

0

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する