更新日: 2018-04-02 13:09:28

会社の技術やアイデアを守るため、すぐに手続き! 弁理士が商標登録や特許出願について丁寧に回答します

著者: OKWAVE非公開Q&A(公式)

編集者: OKWAVE非公開Q&A(公式)

閲覧数: 777

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by OKWAVE非公開Q&A(公式)

先進国の中でも日本は他国に比べて特許・商標の登録や出願が少なく、結果として中小企業の財産が損なわれているという現実があります。虎の子の技術力やアイデアはきちんと管理し、会社の価値を守り、高めることが大事です。


先生への相談の結果「特許のお陰で、1億円の受注が決まった」「営業が楽になった」という声も多いそうです。特許や商標について興味や疑問のある方は、ぜひ、お気軽に弁理士の原田先生へ相談ください。


・弁理士とは?

・特許出願のやり方について

・商標登録の手続き

・弁理士・原田先生のプロフィール

・非公開質問の方法


弁理士とは?

弁理士とは知的財産権に関する業務を行う国家資格者です。特許や商標の出願、登録、申請などの手続きを代行します。


---------------------------------------------

・国立大学4年、文系で知的財産法…中でも著作権法が専門分野の者です。特許事務所への新卒入社を考え始め、迷っています。


情報系の文理融合の学部でしたので、一応、情報系の知識もあります。著作権法だけに限らず、法律の勉強をすることが好きだったため、当初は法律系の公務員を志望しておりました。それらは全て落ちてしまい、現在はIT企業に内定が決まっております。


しかし、法律に関わり、専門知識を得られる仕事に就きたいとの思いから、特許に関わる仕事はどうかと考え始めました。現在、特許事務所の求人を見つけ、応募しようか迷っております。


(1)特許の世界は文系には厳しいのでしょうか。私は特に英語能力が高い訳ではありません。少し、知的財産法に明るくてIT系の知識があるという程度でやっていける業界でしょうか。

(2)もし、転職を考えたとき、ある程度の経験があっても転職は厳しい業界ですか?

どなたか、教えて頂けないでしょうか。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

https://okwave.jp/qa/q9408583.html

特許出願のやり方について

・下記内容の請求項1~3に対して、拒絶理由通知を受けました。

この場合、新請求項1、2の補正によって、17条の2第4項違反となりますでしょうか。

・請求項1(独立項)←進歩性なし
・請求項2(請求項1に従属)←拒絶の理由を発見しない
・請求項3(請求項1に従属)←拒絶の理由を発見しない

↓補正

・新請求項1(請求項1+2:独立項)
・新請求項2(請求項1+3:独立項)

ご教示の程よろしくお願致します。

https://okwave.jp/qa/q9399784-professional.html#a_area


---------------------------------------------


・日頃から、個人での特許申請を考えています。

ここで教えていただきたいのが、特許申請書類を提出した時点(申請が受け付けられるかどうかは別として)で、企業にアイデアを売り込んだ場合、アイデアをまねされることはないのでしょうか?(私の書類不備で申請が受け付けられず、申請のノウハウを持った企業が、私のアイデアをまねて申請、許可となるのではと心配です。)とらぬ狸の・・・みたいな話ですが、よろしくお願いします。

https://okwave.jp/qa/q5458337.html

商標登録の手続き

・私が商標登録したいジャンルは加工食品なのですが、調べてみたところ既にラーメンチェーン店名で商標登録されていました。
例えばこのラーメンチェーン店が【やまだ】という商標登録だった場合、【ヤマダ】も【YAMADA】も使用出来ないというのは調べて分かりました。
そこで仮に【やまだや】、【やまだくん】、【山田家】などの商標登録がなかった場合、これらの名前を加工食品の分野で商標登録するのは可能なのでしょうか?
https://okwave.jp/qa/q8239132.html


---------------------------------------------


・8~9年前に個人で商品を開発し、製品化して販売を始めました。その際、商標登録をしたほうがいいと知人にアドバイスされたので手続きをしました。この商品については、途中中断したこともありますが、現在も販売を続けており、そこそこ売れています。


ところで先日商標登録の手続きを依頼した特許事務所から連絡があり、10年たつと効力を失うので更新手続きをするかどうか問い合わせてきました。この10年間、特に商標登録によるメリットもなかったので、更新は断りました。ただ、この商品については効力を失った後も同じ名前で販売していくつもりです。

ここで質問です。

私の商標登録が効力を失った後、他人が同じ名前で商標登録することは可能でしょうか。その際、その商標登録をした人間が私に対して使用差し止めを要求したり、使用料を請求したりすることができるものなのでしょうか

https://okwave.jp/qa/q6858123.html

非公開Q&Aで気軽に相談できる、特許・商標の専門家・原田先生のプロフィール

弁理士

原田 貴史


「本来の実力や努力が正当に評価される中小企業を1社でも増やす。」ことが信念です。企業や人に眠る価値を最大限に発揮させることが自らの使命であると考えています。商標・特許のことは、なんでもぜひご相談ください。


◆資格・経歴

原田国際特許商標事務所 代表弁理士


1979年 北九州市生まれ

2005年 会津大学大学院 コンピューター理工学研究科 卒業

2005年 カーナビメーカー入社

2012年 弁理士登録 特許事務所入所

2016年 原田国際特許商標事務所 開業


◆商標・特許に関することは、気軽にご相談ください

先進国の中でも中小企業の出願は極めて少ないのが日本です。

米国は4割近く、大財閥がほとんどの韓国でも2割が中小企業ですが、日本は0.03%の大企業が、9割以上を占めており、中小企業の商標や特許の活用は十分とは言えません。わからないことが多くとも、自分のアイデアを守り、競争が激しい場合の防衛、という観点も必要です。


<よくあるご相談の一例>

・商標出願から登録までの流れ

 Q:商標登録に関わる期間はどれくらいでしょうか?

 Q:費用はどのタイミングで発生するのでしょうか?

 Q:ロゴと文字を作ったのですが、どちらを出願すればよいでしょうか?

 Q:ニュースで商標関係の話題が出ていました。自分の店ではどうでしょうか?

 Q:店舗のお客さんに別の店と間違われたので商標を取りたいです

 Q:自分が何十年も考えたサービス名があちこちで真似されています

 Q:本を出版するときのキャッチコピーは守れるでしょうか?


・特許のご相談

 Q:こんなものを作ったが、特許になりますか?

 Q:特許を取得するメリットは何ですが?

 Q:どのくらいの費用ですか?

 Q:どのくらい時間がかかりますか?


◆特許・商標の世界をもっと身近に

特許を保有する中小企業の方が、特許を保有しない中小企業よりも、従業員一人当たりの売上が131%高いというデータがある(2009年中小企業白書)ように、特許は、中小企業の努力の結晶である虎の子の技術を独占可能にできる強力なビジネスツールです。日本の中小企業は、素晴らしい技術力・商品力を持っています。

私が開業後にサポートした企業は数十社に及び、


「特許のお陰で、1億円の受注が決まった」

「営業が楽になった」

「社員が自社に誇りを持ってくれるようになった」

「大企業とのアライアンスが決まった」


などの声が寄せられ、弁理士になって良かったと実感する日々です。

企業や人に眠る価値を最大限に発揮させることが自らの使命であると考えています。ぜひご相談ください。


◆事務所概要

原田国際特許商標事務所

【住所】〒338-0003 埼玉県さいたま市中央区本町東7-4-1-105

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城

http://tokkyo-shinsei.com/

非公開質問の方法はこちら

Photo by OKWAVE非公開Q&A(公式)

原田先生への非公開質問はこちらから(右上のボタンからどうぞ)

https://okwave.jp/profile/u2826475.html?&slp=201802

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

1

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

OKWAVE非公開Q&Aの公式アカウントです。

■OKWAVE非公開Q&Aとは?
 好きな専門家と「ONE on ONE」で悩み解決!
 インタ...

必要なもの

依頼する場合


・インターネットに接続したPC

・OKWAVEへの会員登録