更新日: 2018-01-25 10:17:24

ブルーレイディスクレコーダーに外付けUSBハードディスクをつなげて快適テレビライフ

著者: Sony_Support

編集者: Sony_Support

閲覧数: 763

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Sony_Support

いつの時代も大好きなテレビ番組をとっておきたい!という気持ちは変わりませんよね。


外付けハードディスク対応のソニー製ブルーレイディスクレコーダーなら、市販のUSBハードディスクを接続し、録画容量を増やすことができます。

具体的な例とともに、接続方法をご紹介します。

外付けハードディスクを接続するとどんなことができる?

外付けハードディスクを接続することで、録画できる容量が増やせます。

1TB内臓HDDのモデルをお持ちの場合、2TBの外付けハードディスクを接続すれば、合計3TBに!


もちろん「おまかせ・まる録」の保存先に、外付けハードディスクを指定することも可能です。

たとえば、大好きなドラマだけ外付けハードディスクに録画されるよう予約しておけば、ドラマ専用のハードディスクとして保存することができます。


外付けUSBハードディスクに録画した番組を、ブルーレイディスクにダビングすることも可能です。

大切な番組などはディスクにダビングして、バックアップしておけば安心ですね。

外付けハードディスクに対応しているかどうか確認

お持ちのレコーダーが外付けハードディスクに対応しているかどうかは、以下のページで確認できます。


(リンク) 外付けUSBハードディスクをつなげる


このページでは、機種ごとの設定方法や注意事項が書かれたページにリンクしていますので、お持ちの機種名の情報をよく確認し、快適なテレビライフをお楽しみください。




その他接続に関する情報はこちら

(リンク)他製品との接続/関連情報

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

0

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する