更新日: 2017-11-30 10:11:35

初心者でもわかるビットコインの歴史

著者: OKWAVE-ICO-NEWS

編集者: OKWAVE-ICO-NEWS

閲覧数: 3177

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by TokenNews

2017年8月にビットコインの価格が1BTCあたり4,000USDを初めて突破しました。これは、2009年10月に初めて法定通貨とビットコインが交換された時の価格(1BTCあたり0,0001USD)と比べて約400万倍ほどの上昇率となります。

今回は、ビットコインの始まりから注目されるまでの歴史について解説します。

STEP1 初心者でもわかるビットコインの歴史

アメリカ大手投資銀行のリーマン・ブラザーズが2008年9月15日に破綻し、世界の金融市場が荒れ狂っていた中、ビットコインは2008年10月31日に「Satoshi Nakamoto」と名乗る人物が、ビットコインに関する論文を暗号通貨の技術的な議論をするメーリングリストに提出したことで、インターネット上に、はじめて登場しました。

Satoshi Nakamotoが発表したビットコインに関する論文では、米ドルや日本円のような中心的機関がいる法定通貨とは異なる、新しい形態の仮想通貨(ビットコイン)が提唱されています。

提出された英語論文はこちら:https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

この論文はPDF9ページの短い内容です。

PDFの1ページ目にはSatoshi Nakamotoのメールアドレスが掲載されています。

投稿された論文に共感したエンジニア達が、ビットコインの設計書を元に開発を始めました。

※ビットコインのコードを書いているエンジニアたちのことを「ビットコインコア開発者」と呼び、コード上のバグや仕様を日々改善しています。

開発を初めてから数ヶ月後の2009/01/09にビットコインのバージョン0.1がリリース。

2009/01/12にSatoshi Nakamotoからソフトウェア開発者であるHal Finneyへ、世界で初めての送信がされました。

ビットコインが現実世界で初めて取引されたのは2010年5月22日、Laszlo
Hanyeczというフロリダ州に住むプログラマーが「2枚のピザ」と「10,000BTC」を交換したことが現実の世界で初めてのビットコイン取引と言われています。2017年9月現在の値段で表わすと約42,260,000USD(46億円:1USD=110円換算)の価値となります。

またこのビットコインとピザの取引日を記念して5月22日をビットコインピザの日(Bitcoin Pizza Day)と呼ばれています。

ビザとビットコインを交換する際のやり取りはビットコインフォーラムのhttps://bitcointalk.org/index.php?topic=137.0で確認ができます

STEP2 ビットコイン最大の謎

ビットコインに関する論文発表から8年以上が経過した現在でも、Satoshi Nakamotoの存在は確認されていません。Satoshi
Nakamotoであると名乗りをあげる者もいるが証明がされておらず、ビットコインの創設者に関しては仮想通貨界における最大の謎になっています。

Satoshi Nakamoto本人である証拠を証明するには


  • Satoshiのアドレスは誰でも知っているため、そのアドレスからbitcoinによる送金。
  • SatoshiのメーリングリストからBitcoinコミュニティーに対してメールを送信。

のどちらかをすることでSatoshi本人であることが証明されます。

STEP3 ビットコインは今後どのように活用されていくのか

ビットコインは米ドルや日本円などの法定通貨とは異なり、海外送金手続きに数日かかることなく、数分~数十分でBTCを送金できる仕組みです。

また、外国為替手数料や海外送金手数料が発生することなく、低コストで送金、決済ができます。

2017年9月にビットコインの価格は1BTC=4863USDというビットコイン史上最高値を記録しました。また、法定通貨が抱える、送金におけるコスト面での問題を解決する手段として活用されていきます。

まとめ

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

0

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する