OKWAVE Guide 印刷用:【英語】自分の発音が通じるかをiPhoneで簡単にチェックする方法|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large 37184663531 4a554b3dc3 z

必要なもの
iPhone

自分の英語発音が正しいかどうか、通じるかどうかは、自分ではなかなか分からないもの。でも、ネイティブが周りにいなくても、iPhoneを使って簡単に発音チェックできる方法があります。

【ステップ1】

まずは、自分のiPhoneに英語キーボードが入っているか確認しましょう。メールアプリなどを開いてテキスト入力できる状態にし(キーボードを表示させ)、左下の地球儀マークを長押しします。出てくるキーボード一覧の中に「English」(「English (Japan)」)が入っていればOKです。
入っていなければ、次の手順で英語キーボードを入手します:「設定」をタップ「一般」をタップ「キーボード」をタップ一番上の「キーボード」をタップ「新しいキーボードを追加」をタップ「英語」と書かれたものを選択(「英語(日本)」など)
これで、英語のキーボードを追加することができました。

【ステップ2】

次に、以下の手順で音声入力をオンにします。「設定」をタップ「一般」をタップ「キーボード」をタップ「音声入力」をオンにする
では、いよいよ英語発音チェックです。まず、メールアプリやメモアプリを開き、キーボードを表示させ、地球儀マークを長押し。キーボード一覧の「English」をタップします。
英語キーボードが出たら、下部のマイクボタンをタップし、英単語やセンテンスを口に出してみましょう。発音が正確であれば正しく入力されるはずですし、怪しい発音であれば意図しない単語が入力されたりします。

【ステップ3】

発音チェックではどんな英単語やセンテンスを試してもよいですが、次のようなものにも挑戦してみてはいかがでしょうか?
pokeとpork「突っつく」などの意味があるpoke(ポーク)と、豚肉のpork(ポーク)。2つの異なる「ポーク」を正しく発音できているかチェックできます。pokeは「ポウク」と言う意識で、porkをRの部分でちゃんと舌を丸めることを意識しましょう。
far awayとrabbit fur「遠くの」という意味のfar away(ファー・アウェイ)と、「ウサギの毛皮」を意味するrabbit fur(ラビット・ファー)。2種類の「ファー」の発音を確認できます。farは口を開けて発音、furは口を閉じ気味で発音、を意識することがコツです。
want toとwannawanna(ワナ)はアメリカ英語で、want to(ワントゥ)の省略形です。まずは、「What do you want to do?(あなたは何がしたい?)」と言ってみましょう。発音は、「ワッドゥユーワントゥドゥ」。次に、wannaに置き換えて、「What do you wanna do?」(ワッドゥユーワナドゥ)と言ってみます。正しく発音できれば、どちらでも「What do you want to do?」と入力されるでしょう。

【ステップ4】

【ポイント】

この方法であれば、独学で英語を勉強している人でも、簡単に自分の発音をテストできちゃいます。英語でのテキスト入力で常に音声入力機能を使うようにすれば、どんどん発音が上達していくかも!?