OKWAVE Guide 印刷用:効率の良い暖房とは|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large as137 l

効率の良い暖房に関するQ&Aをまとめました。布団乾燥機を暖房代わりは?ひとりぐらしの部屋には?石油ストーブの対流式と反射式2xのエアコン2台稼動とxのエアコン2台稼動ならどっち?

【ステップ1】

 冬になり寒さも険しくなってきました。暖房器具の代表例として挙げられるのはエアコンだと思われるのですが、私は諸事情から部屋にエアコンを取り付けられません。
 部屋が狭いことから暖房器具を増やすのもしたくないことから、布団乾燥機から出る暖気を暖房器具代わりにしています。

 が、しかし
 そもそも布団乾燥機は部屋を暖める為に作られているわけではないので、部屋を暖めるのを目的に作られた暖房器具の方が電気代も安く済み効率よく部屋を暖めることができるのかもしれないと、考えています。

 諸事情からエアコンを使いたくない場合、他の暖房器具の選択肢を考えると、ハロゲンヒーターが一番暖まる暖房器具でしょうか?
 
A
部屋全体を温めようとすると全ての電熱暖房はランニングコストが高く付きます。

ホットカーペットやこたつなど、部屋の一部を暖かくする暖房器具が良いかと思います。

外気温が0度以下なら、石油ファンヒーターや都市ガスが良いと思います。
今は灯油が高いですが、熱量が高いのが魅力です。
 冬になり寒さも険しくなってきました。暖房器具の代表例として挙げられるのはエアコンだと思われるのですが、私は諸事情から部屋にエアコンを取り付けられません。
 部屋が狭いことから暖房器具を増やすのもしたくないことから、布団乾燥機から出る暖気を暖房器具代わりにしています。

 が、しかし
 そもそも布団乾燥機は部屋を暖める為に作られているわけではないので、部屋を暖めるのを目的に作られた暖房器具の方が電気代も安く済み効率よく部屋を暖めることができるのかもしれないと、考えています。

 諸事情からエアコンを使いたくない場合、他の暖房器具の選択肢を考えると、ハロゲンヒーターが一番暖まる暖房器具でしょうか?
 
A
部屋全体を温めようとすると全ての電熱暖房はランニングコストが高く付きます。

ホットカーペットやこたつなど、部屋の一部を暖かくする暖房器具が良いかと思います。

外気温が0度以下なら、石油ファンヒーターや都市ガスが良いと思います。
今は灯油が高いですが、熱量が高いのが魅力です。
A
消費電力(電気代)の低い暖房器具とのことですが・・・
ご存じのことだと思いますが、一応の基本・前提条件を述べておきます。
「エアコンが電気代・快適性・年間使用可能より望ましく、次いでセラミックファンヒーターか家具調こたつをお薦めいたします。」

それは、
暖房機には熱源(電気・ガス・石油他)や暖房方式や目的別に種類が多く、快適性も個人差が有る事に起因すること。
電気暖房機の消費電力は→エアコン以外、若干の力率や熱ロスを除き、エネルギー消費効率(COP:仕事量/消費電力)が1.0ですから、結局は暖房能力に比例します。

※COP=出力(暖房能力:w)/消費電力(w)
※現在の超省エネエアコンはCOPが、約3~6ありますので、簡単にいえば同じ暖房の仕事量に対しては、他の暖房機に比べ電気代が1/3~1/6で済む省エネ商品です。

つまり、電気代=消費電力kw×使用時間h×23円(kwh当たりの平均的な家庭での単価)になります。

従って、多少の暖房感の違いはあるが、省エネは同じ暖房負荷(必要な暖房能力)に対しては使用時間によって決まり、設定温度や運転モードを省エネにするにはお部屋の断熱構造と加湿器やシーリングファン等の活用による快適性の向上と体感温度への配慮が補完する場合のキーポイントになります。

布団乾燥機やドライヤーを暖房機としての利用に関しては、先ず暖房能力が極端に低く部屋が温まりません。
その上に、目的外使用であり安全性の問題と故障のリスクが有り、どのように暖房機として長時間使用するのかの使用性と快適性から不適当だと言えます。

エアコンが検討の余地がないのであれば、電気代は暖房負荷に基本的に連動しますので、快適性・暖房目的・使用性・予算・インテリアの一種としてデザイン等の好みで選ばれるのが良いと思います。
そういう面からは、セラミックファンヒーターやオイルヒーターやハロゲンヒーターor家具調コタツや電気カーペットが候補としてあげられます。
<何れも、COPは1であり、若干の効率&ロスの違いはあるが、電気代は消費電力にて判断されると分かります>



そこで、
~前提としての暖房機選びの概要~
<余計なお世話の場合はスルーください>

◇熱源
電気・ガス(都市ガス・LPG)・石油・その他(薪・練炭他)

※熱源と光熱費の大雑把な関係

石油<都市ガス<電気・LPG の順です。※電気はエアコンを除いての電気暖房の場合

但し、エアコン暖房はヒートポンプ(空気熱回収)とインバーター制御&高効率熱交換器により、暖房時、実際には石油機器の約1/3~1/6程度の光熱費となり経済性も高い。


◇熱伝導の方式・仕組み

対流:
暖められた空気が上昇し、冷たい風が下部に潜り込む事で、部屋の空気が攪拌を繰り返して徐々に暖まる。
この時に、自然に空気の温度による比重差で対流する自然対流式と、送風ファンで強制的に対流を起し、スピードや温風の到達距離を長くする強制式対流に区分される。

*ストーブ・オイルヒーター<自然対流> ※オイルヒーターは不燃性の油を電気ヒーターで加熱している電気暖房機
送風音なし・温風の吹かれ感なしは良いが、部屋全体の暖房には時間が掛かり機器の付近と他の場所の温度差が出易い。

*ファンヒーター・エアコン<強制対流>
送風でスピード暖房・送風音や温風の吹かれ感が嫌われる事もある。

輻射(反射):
暖められた発熱体から、近赤外線や遠赤外線が発生し、身体の皮膚や温点を刺激して暖かさを感じる。
基本的に無音・無風と成る。
パネルヒーター・遠赤輻射ヒーター

伝導:
発熱体に直接に接触して熱を伝えるので無音・無風で快適だが、部屋全体とか接触面以外には暖感が伝わり難い。
電気カーペット・床暖房・電気毛布・電気アンカ・湯たんぽ


◇暖房目的

主(メイン)暖房:
お部屋の温度を快適にする為の能力を持つ暖房・長時間且つ大能力となりますので光熱費・効率が重視される。

副(サブ)暖房:
主暖房と組み合わせ(併用・又は主暖房で暖まった状態のキープ)て使用。
単独ではお部屋を適温にする能力は無い。
メイン機器に比べると、補完&相乗効果なので、快適性とか暖感を重視

パーソナル・局所暖房:
特定の場所、人を暖める。
その人の感性・TPOで選択の基準・優先順位は変わる。

◇暖房機(暖め方)へのコダワリ
暖房能力・ランニングコスト(維持費)・イニシャルコスト(機器&設置費用)・暖感(無風・無音・乾燥)・モバイル性・燃料供給の手間・デザインetc


そこで、ご質問の件ですが・・・

1.お部屋には、メイン暖房機としては・・・

超省エネエアコン(買い替え)が、快適性・スピード・省エネ性(光熱費の有利さ)・付加機能より(商品により、加湿・換気・衣類乾燥・結露予防・冷房・除湿他)、夏場の冷房や梅雨時の除湿機能もエアコン1台で可能であり、お薦めです。
エアコン以外であれば、電気カーペット&家具調コタツ(ただし背中や部屋全体の室温には不向き)、お部屋全体であればセらミンクファンヒーターやオイルヒーターやハロゲンヒーターやパネルヒーターとなります(それぞれ発熱方式の違いだけで能力や電気代は同じ、気密性の高い部屋で主に暖房機周辺をカバーに向く)。


2.使用時間が少ない場合は・・・

必要な時だけ暖めるには、スピード暖房と身体に近寄せられるモバイル性から、セラミックファンヒーター関係の商品がお部屋暖房と言うよりは機器の前に立ったり座っているゾーンを暖房するにはご希望に向いていると思います。
それは、電源容量(ブレーカーダウン)から電気暖房機の消費電力≒暖房能力が1.2KWh以下の商品であり、凡そ3~6KWh必要なお部屋のメイン暖房器としては力不足であるからです。

KW(消費電力)=V(電圧)×A(電流)から100V電源で暖房機への単独ブレーカー&コンセントを設置するエアコン以外は既設コンセント容量15A以内[他のコンセントや機器との併用)に抑える安全性からの制約。

極端に、短時間だったり、省エネを追求するなら・・・
暖かセーターや丹前を1枚余分に着る。
<家具調こたつ>に、少し大きめの毛布&布団をして、こたつ内の電気ヒーターはこたつ内の温度アップにだけ使用、後は湯たんぽを利用すると安全と省エネになります。

3.さらに、省エネへの配慮としては・・・

加湿器の併用(湿度10%で体感的には1℃アップ)、天井付近への暖気たまりに扇風機でのサーキュレーション効果を出し、快適性と省エネの両面から改善を図る。

4.それ以外にも・・・

住まいの構造や暮らし方の工夫でも省エネを図る。
内・外断熱の住宅構造、既存のお部屋でも窓や間仕切りの隙間への断熱パッキン、サッシ等へのエアパッキンとかプチプチを貼る、厚手のカーテンを使用する事で暖房負荷&熱ロスは変わります。
当然、夜間はシャッターや雨戸等の確実な開閉、外気の影響を減少させる対策・暖房運転のパワー調節や使用時間の短縮が有効です。

【ステップ2】

どちらが日常の暖房器具としては効率良いのでしょうか?

エアコンは電気代=大 と考えていたのですが、最近の物は800wとかの電気ストーブなんかより

ずっと省エネだとも聞いたのですが・・本当でしょうか。

電気ストーブや扇風機型のハロゲンヒーターは狭い部屋ではスペースも取るので

出来たらエアコンにしたいのですが、部屋に元から設置されているエアコンは古い機種で

省エネ度がどの程度かも良く分かりません。

独り暮らしの皆様は冬どのように暖を取っているのでしょうか?アドバイスお願い致します。
A
エアコンは自動温度調整にて、運転したり止まったりしますが、800wの電気ハロゲンヒーターは常時運転してます。

機種にもよりますが、エアコンの方が安価です。一部分だけを400wクラスで使用ならハロゲンヒーターの勝ちですが、室内は温まりません。

エアコンも時々は運転させないと故障の原因になりますよ。
A
ハロゲンヒーターはすごい電気食います!
部屋全体暖まらないし…
オフシーズンは置き場に困ります。

なので、エアコンの方がいいかなと思います。

ただ、エアコンが古いとありますが、製造が10年以上も前の古いものであれば、確かに電気食いますけど。

とりあえず、1ヶ月くらい様子を見てエアコンを使ってはいかがですか?
エアコンもきちんとフィルター掃除すれば、消費電力を抑えられますよ。
A
効率面では基本的にエアコンのほうが良い
使用電力とかといっしょに COP4.0とかCOP値が書いてあると思います
また機種がわかれば
最新のエアコンに変えるとこんだけお得ですよというのが
各社ページで探せたりします(要は性能がわかる)

COP1.0が電気エネルギー全部熱に変えれる性能
エアコンだと3.8とか4.0とか記載があったりします
これは室外機で空気の熱を利用して冷やしたり温めたりする
ヒートポンプといわれる技術で投入した電気以上に温められるということです

よってエアコン

まぁ
電気毛布、コタツを利用して暖める範囲自体を少なくすれば
安価にはなりますよ
(隙間風入るような断熱性の悪いとこならこちらの方が有利か)

【ステップ3】

率直に言って、
対流式と反射式の石油ストーブって

同じ環境なら
どちらが暖かいですか?
A
>同じ環境なら
> どちらが暖かいですか?

大きいストーブ

環境が同じって何?
部屋だけ
それとも
部屋だけではなく、ストーブの発生熱量も同じってこと?
その場合は、「条件が同じ」と記載しますけど。

条件が同じであれば、
熱が特定の方向に出る反射式の方が
正面にいる人にとってはは暖かいけれど
部屋全体なら同じ。

窓際のカーテンの手前に反射式を置くのと
同じ部屋にカロリーが同じ対流式を置くのであれば
反射式の方が暖かい。

対流式をカーテンの手前に置くと、カーテンを通して熱が逃げます。
それを嫌って部屋の真ん中に置くと暖房効率が悪いというか、寒く感じます。
A
私は北海道民です。
体感的にどちらが暖かく感じるかというのであれば対流式です。
対流式は部屋全体がもわっと暖まる感じがします。
反射式は、部屋の一部分を暖めるのは早いのですが、部屋全体が暖まるのは時間がかかります。
ファンヒーターのように風が出るわけではありませんので。
寒冷地で、部屋が8~10畳以上あるなら対流式を私ならおすすめします。
北海道の昔の古い家は煙突式の対流型ストーブを部屋の真ん中に置くという家が多かったです。
A
狭いとこ、一人分なら反射式

広い事務所やホールのようなとこなら対流式

【ステップ4】

例えば20畳の部屋があった場合、20畳用のエアコン1台で稼働するのと、10畳用のエアコンを2台稼働するのとでは、どちらが光熱費が安くつきますか?
A
>20畳用のエアコン1台
実際に使うことで比較できるのですが、非常に寒い時ですと、暖房の効率が大きく低下する機種の場合には小さい能力のエアコン2台の方が光熱費がかかることがあります。

凍結しないような温度での利用ですと、暖房の効率がよければ、小型エアコンを2台動作の方が安いこともある、インバーター式でないと、2台での稼働の方が光熱費が高いこともあります。

冷房に関しては、同じような機種で、インバーター式のタイプならば、2台での冷房の方が光熱費が安くなることが多い、これも、部屋の対角などに設置するならばの条件が一番効率がよさそうなのですが、大型のエアコンを部屋の中央に一台設置の方が部屋の隅々まで安定して冷房できることもあります。

私の家の2階、四十畳程度の空間なのですが、10kwの能力の20畳程度用のガスでの冷暖房の機種と、4kwの暖房能力の電気エアコン2台の合計3台で使っているのですが、早朝などの非常に寒い時間帯などはガスヒートポンプエアコンがフル稼働、短時間で暖まるし、燃費が非常に安いことが確認できます。しかし、電気エアコンは稼働してもすぐに凍結するので、寒い時ほど電力消費が多い、非常に高い金額になります。

しかし、暖かい日中や真冬以外の若干寒い程度のときは、電気エアコン1台でも十分に温度が上がるし、ほとんど電気代がかからない、消費電力の状態をエコワットなどで監視すると、こういう使い分けが可能になります。

ガスエアコンは本体が200万円とか非常に高価ですので、電気代が多少高くても電気エアコン2台とかの方が安いでしょうし、大型電気エアコンは200Vのものが多くなる、動力契約するようなタイプですと、電気代も使えば使うほど経済的なこともあります。

小型エアコンは100Vの20A程度でも大丈夫なことが多い、2台稼働でも40A程度の契約があれば、ブレーカーが寒い日でも落ちないかも知れませんし、不足するようならば、契約を増やすのが簡単、あまり電気を同時に使うと、追加で工事して契約を増やすなどの費用もかかるものです。

私の家では、100Aの契約でも不足する予想だったので、電力消費を減らす目的でガスのエアコンを導入した、すでに16年程度使っていますが、最近の電気エアコンよりも燃費が良い状態を維持できています。

古い機種の電気エアコンに比較すると、最近の機種は燃費がよい、消費電力が多少少なくなり、インバーターで、能力切り替えで、小さい能力で運転しているときの消費電力がかなり少ないのに能力が高いこともあるものです。

いろいろ書きましたが、エアコンのタイプと年式などにもよる、同じ会社製の同じような年式のものであれば、2台稼働の方が安くつく可能性が高いとは予想できます。
A
>例えば20畳の部屋があった場合、20畳用のエアコン1台で稼働するのと、10畳用のエアコンを2台稼働するのとでは、どちらが光熱費が安くつきますか?

◇10畳用エアコンでの使用が安くなる可能性が高い。

実機で同一条件にて実使用しなければ正確には分かりませんが、凡そ商品グレードから見て最小能力やAPFやEERと言ったカタログ等に記載の運転効率や電気代の目安数値を参照すれば判明すると思います。

機器からの視点
メーカーの商品ライナップからも10畳用のエアコンは商品構成も豊富で同じ能力でも仕様面でグレード差も多様ですから運転効率&電気代も省エネタイプが揃っており、電気代重視で任意に選べる傾向にあります。

部屋の冷暖房負荷からの視点
同じ程度の効率&省エネ仕様のエアコン同士なら、広い部屋の温度ムラや室温管理のための吸い込み温度のキャッチがバラツキ電気代や快適性で不利不便な場合が多くなります。
また、インバーターやPAM制御と高効率放熱器やファンの搭載で、室温が希望温度に近づくと最小能力が小さく室温キープの為の運転に成り、運転のON/OFFを少なくできるので高効率な運転(電気代の節約)と快適な室温が期待できるからです。

【ポイント】