更新日: 2017-10-06 15:07:23

bread ICO

著者: OKWAVE-ICO-NEWS

編集者: OKWAVE-ICO-NEWS

閲覧数: 3449

Okgn btn gudie info favorite

1

はじめに

Photo by OKWAVE-ICO-NEWS

 ビットコインをはじめとしたクリプトカレンシーのウォレットを提供している「bread」が「非中央主権型の世界銀行」を目指してついに10月5日からICOを行うという。

bread ICO 公式ページ

token.breadapp.com


 「bread」を提供する「breadwinner」の共同創業者兼CEOのアダム・トレードマン氏に話を伺った。

「bread」を提供する「breadwinner」の共同創業者兼CEOのアダム・トレードマン氏

Photo by OKWAVE-ICO-NEWS

「bread」について概要を教えていただけますか?


“アダム:
 私たちは、クリプトカレンシー(仮想通貨)を、世界中の誰でもが、銀行、投資、ローン、およびその他全ての金融サービスに利用出来するようにすることができる、金融サービスプラットフォームとして「bread」を提供しています。
私たちのビジョンは、世界初の真のグローバルな金融ブランドに急成長させていくこと!世界で最も安全な、最も簡単にアクセス可能な金融サービスを可能にする分散, 非中央集権型の銀行モデルを実現していきます。
 今まで、これといったプロモーションを行っていないにもかかわらず、世界120カ国から50万もの利用があるのは、私たちの提供するプロダクトが革新的で、皆がそのビジョンに共感しているからだと思います。“
 先日も、ウェブニュースに国際通貨基金の首脳が、銀行業の終わりと、仮想通貨の台頭を予見すると言う記事が出て、世界を驚かせたところ。アダム氏のビジョンはまさに社会に受け入れつつあるということでしょう。
「IMF Head Foresees the End of Banking and the Triumph of Cryptocurrency 」
https://fee.org/articles/imf-head-predicts-the-end-of-banking-and-the-triumph-of-cryptocurrency/

今回のICOについて教えてください。

“アダム:
 今回、私たちの提供する「breadwallet」を「bread」にブランド変更をし、ユーザーが利用する画面、使い勝手に大きな改善を図りました。そして、今度は、ビットコインだけでなく、イーサリアムなど、他の仮想通貨・トークンを取引できるように進化をさせていきます。

 今回のICOでは「BRDトークン」を発行し、これを販売することでこの開発を実現するための資金調達を行います。

 「BRDトークン」は、「bread」内で様々な特典を提供します。
通常のビットコインや、イーサリアムやその他の通貨で支払われる価格に対して、「BRDトークン」でやりとりされた場合には、これらよりもディスカウント(割安)して購入することができます。

 また、特別な情報や、コーナーを提供し、「BRDトークン」を持っているユーザーだけがそこにアクセスできるようにします。“

 つまり、今回のICOに参加すると、トークンの将来価値に期待が持てるだけでなく、様々な特典を享受することもできるというわけだ。

“アダム:
 2020年には、ビットコインの基幹部分を構成しているブロックチェーンが技術的にも社会的にも大きな役割を担うと見られています。

 私たちも、この2020年のビットコイン・ブロックチェーンの成熟期を目指して、世界最大の非中央集権、分散型の金融プラットフォームになっていきたいと思っています。ユーザーは昼夜を問わず、いつでも世界中のどこからでも、この「bread」を通して、あらゆる金融サービスにアクセスすることが可能になります。最終的には、現在の銀行が提供している業務をはるかに超える多様な金融サービスを私たちが提供することになるでしょう。“

Photo by OKWAVE-ICO-NEWS

「bread」のサービス開発のロードマップ

「bread」サービスの強みは!

「bread」サービスの強みは?


“アダム:
 わたしたちが提供する「bread」サービスの強みは、経験豊富で、世界の技術者から注目と尊敬を集めているチームメンバーそのものです。

 私は、かつて、ウェラブルデバイス(体に身につける機器)の会社のCEOとしてハードウェア、ソフトウェア、インターネット業界で20年間、販売、マーケティング、組織管理、エンジニアリングの様々なポジションを経験しました。

 同じく共同創業者で、技術のトップのアーロン・ボイジンは、YammerとBanjoで技術部門を率いていました。また、初期のビットコイン、ブロックチェーンの開発者コミュニティーで尊敬される数少ない技術者の中の一人です。つまり「bread」は仮想通貨の隅々までよく理解した強者が、セキュリティーに十分配慮された素晴らしい製品として作り上げられているということです。

 その他のチームメンバーも素晴らしいキャラクターで構成されています。

 これに、加えて「bread」の未来を信じて参加してくれているコーポレートアドバイザーにはライトコインの発明者であり、コインベースの共同創業者のチャーリー・リー氏や、フェイスブックメッセンジャーの発明者であり、BitGoの創業者のベンダ・ダベンボート氏が名を連ねています。

 何よりの強みは、このスーパーチームが、今までに7,000,000ドルを調達して、「非中央集権型の世界銀行」としての「bread」サービスを世界120カ国に対してサービスを提供しながら、すでに収益を上げているという、この事実にあります。“

Photo by OKWAVE-ICO-NEWS

今後、注意すべき点は?

今後のビジネス戦略は?


“アダム:

 注意せねばならないところは、大手銀行と競合せず、共存していく道筋をゆっくりと探りながら実行していくところにあるでしょう。

 私たちは仮想通貨のセキュリティーを気にすることで、が気になり、それをどこかの会社に任せたい会社と提携したいと思っている

 戦略としては、今後は、世界のそれぞれの国々の1、2位の銀行と仮想通貨の取引所と提携していくつもりだ。“

Photo by OKWAVE-ICO-NEWS

「bread」のチームについてはこちらも参考にしてください。
https://breadapp.com/about/


安全、安心で、最も手軽な仮想通貨の保管機能を有したウォレット「bread」の
ダウンロードはこちらから。

Apple iPhone版
https://itunes.apple.com/app/breadwallet/id885251393

Google Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.breadwallet

Photo by OKWAVE-ICO-NEWS

今後の「bread」の動きに目が離せない。



記者
兼元謙任(かねもとかねとう)
株式会社オウケイウェイヴ創業者兼CEO
互い助け合いの感動Q&AサイトOKWAVE.JPの発明者
国連WFP日本支部の評議員

新経済連盟の幹事

BCCC(ブロックチェーン推進)理事
breadwinnerのボードメンバーの一人でもある

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

7

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する