更新日: 2017-09-16 10:47:56

全身脱毛の選び方や相場、施術方法などまとめ

著者: hotohot123

編集者: hotohot123

閲覧数: 658

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

全身脱毛するならクリニックがよいのか、サロンがよいのか、全身脱毛の料金相場はどのくらなのか、施術方法はどんな種類があるのか、痛みはどうなのか、ムダ毛の自己処理の危険性など、全身脱毛に関する情報をまとめました。

ムダ毛の自己処理が一番危険な4つの理由

女性ならムダ毛の悩みは絶えないですよね。いくら自分で処理しても終わりはないし、肌のトラブルも軽視できない問題ですよね。
今回は「サロンやクリニックは高いしな・・・」「恥ずかしいから自分でやるしかない」
という人に、ムダ毛の自己処理の危険性をお知らせしたいと思います。


①無意識に肌を傷つけている


肌へのダメージが大きいことが、カミソリの最大のデメリットです。肌への負担が少ないとされる女性専用のカミソリもありますが、剃毛する以上、皮膚に大きな負担がかかることは避けられません。

引用先:カミソリで剃る|ムダ毛処理の「一番いい方法!」を見つけよう


多くの人はカミソリでムダ毛を剃っていると思います。しかし、特にワキの皮膚って思っている以上に薄くてデリケートなんです。
そこをカミソリで何度も何度も傷つけていると考えるだけで恐ろしいですよね。

カミソリだけでなく、ワックス脱毛や脱毛クリームなども科学的な成分を肌に塗ることになるので、ダメージは完全に防ぐことができないのが現状です。

カミソリ負けなんて無縁、と思っていても、日々の蓄積が原因である日突然赤みやヒリヒリ感が出てくるというケースもあります。


②ボツボツ、埋没毛の原因は自己処理にあり

黒く、ぽつぽつザラザラした状態。
埋没した毛が皮膚に炎症を起こし、
赤く腫れる事も…

引用先:夏の強敵!埋没毛のお手入れ方法 - NAVER まとめ


自己処理を続けていくと、毛穴が赤く・黒くボツボツと目立ってきてしまうこともあります。とくに毛抜きでムリに毛を抜いていることで、毛穴には大変なダメージが蓄積され、開いた毛穴から雑菌が入りやすくなり炎症や化膿を起こすことも!
はじめは赤かったポツポツが慢性化していき、年中黒いボツボツが治らないなんてことにもなってしまいかねません。

また、毛を抜く際にちぎれて残ってしまったところに毛穴が炎症を起こしていると、かさぶたができて、毛が肌の中に埋まってしまいます。これを埋没毛といい、見た目が黒くて汚く見えてしまいます。
自己処理によって返って見た目が悪くなるって、本末転倒ですよね。


③黒ずみの原因にも

わきのムダ毛は、自宅で剃ったり抜いたりといった自己処理で済ませている人も多いと思います。しかし、ずっと自分で処理しているとわきが黒ずんでくる危険性があることをご存知でしょうか?

引用先:自己処理で黒ずんでない?わきの下の脱毛と黒ずみの改善方法[美ログ] | スキンケア大学


こんな処理をくりかえしていると、ダメージを受けた部分に老廃物が貯まっていき、どんどん肌が黒ずんでいってしまいます。
ひどくなると、脱毛施術が受けられなくなってしまったり、ずっと治らないままかもしれません。


④時間が浪費されている

女性なら夏場に2日に1回、冬場でも1週間に2、3回はムダ毛の処理をするはずです。1回に10分だとしても、5年、10年、20年と蓄積していくと膨大な時間を浪費しているということに気づくはずです。
ムダ毛を処理する時間があるなら、なにか新しいスキルを身につけることができるくらいの時間をムダにしてしまっています。


いかがでしょう。このようにムダ毛の自己処理を繰り返していると、取り返しのつかないことになってしまう可能性もあります。

脱毛サロンの選び方のコツ5選

脱毛に興味があっていざサロンを選んでみようと思っても、正直なところたくさんありすぎてわからないですよね。人によっていろんな基準はあるかと思いますが、ここでは最低限のポイントを抑えて自分に合った脱毛サロンを選ぶコツをまとめていきます。


1、全身脱毛か、部分脱毛か

全身脱毛のメリット
・部分脱毛で全身の施術をするよりもコストが安い
・全身の脱毛を一気にスタートするので時間的にもムダがなく、最短で脱毛できる

部分脱毛のメリット
・自分で必要な部分だけをカスタマイズできる
・コストをコントロールできる

引用先:全身脱毛VS部分脱毛 メリット・デメリット


これから脱毛をしたいという人ならば、迷わず全身脱毛のほうがお得といえるでしょう。たとえば「ワキだけは脱毛済みだけど、腕やうなじも気になる」というように、できるなら一度に隅々まで脱毛処理してしまったほうが楽だし、脱毛するなら時間もかかるので一緒にまとめてやってしまった方が効率がいいとなるからです。

しかも料金的に見ても、一度部分脱毛してから全身脱毛に切り替えると、その分お金が発生してしまうので、はじめから全身脱毛をやってしまうのが結果的にはお得といえます。

もちろん、もともと毛が薄くてあまり目立たないという人ならば、ワキなどの濃い部分だけ処理するという方法もありますよね。

また、サロンによって全身脱毛コースでも、施術できる範囲に差があるのであらかじめサロンのホームページで確認するか、無料カウンセリングで試してみるとよいでしょう。


2、衛生面とスタッフの対応

お店の雰囲気が暗かったり、やたらやかましかったり、何か埃っぽかったりといったサロンは、不思議とサービスも良くないものです。

引用先:【保存版】脱毛サロンの選び方、失敗しない20のポイント!行く前にチェック推奨!

肌やデリケートゾーンに関わってくる場所ですので、衛生面はとても大事ですよね。そういったものは口コミで調べるのがオススメです。
また、選んだサロンは脱毛完了までに、長い場合で3年ほど通ったりする場所になります。そういった意味でも、スタッフの対応は重視すべき点といえるでしょう。


3、勧誘があるか、ないか

以前は脱毛系のクリニックやサロンは勧誘がすごいという話を聞いたりもしました。ですが、今のサロンでは口コミの影響力が大きいため、あまり強引な勧誘はしない傾向になあります。


今はネットでも口コミがすぐ広まるので、「あのサロンは勧誘がしつこい」などと書き込まれて評判が悪くなるとお客さんが来なくなります。ですからサロン側も強引な勧誘はしないんですよ。

引用先:勧誘なしを宣言している脱毛サロンと勧誘の断り方 | 脱毛デレラ


ですが、行く度に勧誘されるとストレスになるので、そういった情報はあらかじめ調べてからいきましょう。


4、予約がとりやすいか

予約がとりやすいか、頻繁に通えるかというのは脱毛効果にも影響があります。仕事などで忙しいのに予約がなかなか取れなくてストレスを感じてサロン自体を変更する人がいるくらい、予約の取りやすさは重要です。
予約のとりやすさを推しているサロンもあるので、口コミなどで確認していくのがよいでしょう。


予約が取りやすいのは脱毛ラボです。
どのサロンも平日の夜と土日は混雑するのですが、脱毛ラボは22時まで営業している店舗が多いので、混み合う時間帯でも比較的予約しやすいんです。

引用先:脱毛ラボの全身脱毛の口コミ・料金・効果など徹底解説 - 全身脱毛の女王


5、値段

やはり全身脱毛で1番気になるのはお値段です。脱毛完了までの回数、通える頻度などを考えても、近年はやっているサロンは脱毛範囲やケアに大きな差はないので、値段とそれ以外の部分を加味していくのがいいでしょう。

ただ最近は全身脱毛の値段がかなり下がってきているようで、部分脱毛にするとかなり割高になってしまいます。


年月を重ねた今あの頃のことを振り返ると、分割期間が少しくらい長くなっても顔を含めた全身脱毛をやっておいた方が、最終的に支払ったお金が少なくなっていたはずなのに・・・

引用先:初めての全身脱毛 各サロンの費用と施術箇所・期間の比較 - 女子リキ

全身脱毛の施術料金の相場は?

みなさん、自身のムダ毛の処理はどうなさっていますか?
自分で処理すれば肌が傷んだり黒ずんだりとトラブルが絶えませんよね。かといってサロンへ行くのはちょっと勇気がいるし、お金もかかりそう。また、どこのサロンへ行けば安心して施術してもらえるのか知りたいですよね。


ですので、今回は「全身脱毛にチャレンジしたいけどいくら掛かるの?」という方に向けて、全身脱毛の相場をここでまとめていきたいと思います。


全身脱毛の種類

ひと言に全身脱毛といっても大きくわけると2種類にわけることができます。ひとつは「光脱毛」で、エステ脱毛と言われているものです。


この2つの脱毛方法の一番の違いは、照射する光の波長の種類の違いです。

光脱毛
複数の波長を含んだ光を広範囲に照射する

レーザー脱毛
単一の波長で集中的に熱を集めて照射する

引用先:光脱毛とレーザー脱毛どっちがいい?違いやメリットを徹底比較! | 女性の美学


これは照射の力が弱いので長期間通う必要がありますし、永久的に毛が生えてこなくなるというものではありません。あくまで毛を生えてきにくくする施術だと考えましょう。しかし医療脱毛に比べて痛みが少ないのが特徴で、近年需要がとても伸びている脱毛術でもあります。

もうひとつは「医療脱毛」で、強力なレーザーを照射して、毛根にある毛を作る細胞を殺す方法です。これはレーザーがとても強力なので、資格を持った医師や看護師が施術を行います。そのため、光脱毛より通う回数は少なく済みますが、痛みも強く、料金もかさむことが多いです。

これらの知識を持つことで、自分の求める脱毛施術法の料金相場を見極めていきましょう。


全身脱毛の期間・回数

料金の相場を知るにあたって、全身脱毛は初回から何回通えば完了で料金はいくらなのかということを知っていた方が分かりやすいと思います。


多くのサロンで6回を1セットとして契約する場所が多いですが、正直な話、6回だけでは頭で描いているツルツル肌にすることはできません。

引用先:脱毛完了までの回数・平均期間 ワキ・脚・全身何回通えば効果出る?


一般的に、光脱毛のエステ脱毛サロンの場合派4回~5回で脱毛効果が感じられるころかと思います。ここまでで約半年から10ヶ月。
さらに6~8回目(1年ほど)で自己処理の頻度も以前の半分ほどに減るでしょう。

1年2ヶ月~2年ほど、9回~15回ほど通うと随分「毛が生えてこなくなった」と実感できるでしょう。自己処理も月に2回ほどになり、この段階で完了とする人も出てきます。
さらに16回~18回施術すれば、脱毛はほぼ完了、自己処理もほとんどいらないし、生えてきても産毛という状態になります。


一方で医療脱毛の場合は完了までに5回~8回というクリニックが多いです。8回目くらいで脱毛サロンの18回程度に相当する結果となるでしょう。回数だけ見れば、脱毛までに時間がない!という方は、強度な医療脱毛が良いといえますね。


全身脱毛、サロンとクリニックの相場

サロン(光脱毛)と医療脱毛(レーザー脱毛)の違いと、完了までの回数と効果について上記で知ったところで、いよいよ料金の相場を見ていきましょう。

まずは脱毛サロンで全身脱毛をした場合、一年で約12万円~20万円ほどかかります。
脱毛サロンの場合は回数無制限・制限ありという場合や、施術の部位が決まっていたりするのでプランをしっかり確認することが必要です。また、「ワキだけ」という場合の部分脱毛だともっと安く済ませることができます。


一方の医療脱毛の場合は一年で20万円~55万円ほどと幅があり、一年で施術を受けられる回数が決まっているところがほとんどです。脱毛サロンに比べると値段は高いですが、その分医師による施術を受けられ、もし皮膚トラブルが合った場合にもすぐに対応してもらえます。

以上を参考にして、自分に合った全身脱毛の方法を見つけてみて下さいね。

全身脱毛するならサロン?クリニック?違いをまとめた

全身脱毛に興味がある方なら、一度はサロンやクリニックという言葉を聞いたことがあると思います。料金や通う回数も違ったりするし、なにがどう違うのかってわかりづらいですよね。
今回は「全身脱毛に挑戦したいけど、サロンかクリニックかどっちがいいのかわかない。」という人に向けて、全身脱毛のサロンとクリニックの違いをまとめていきたいと思います。


レーザー脱毛と、光脱毛

これがサロンとクリニックの大きな違いのひとつです。
クリニックで行うのは、出力の強いレーザーを使った全身脱毛の施術です。黒や茶色の色素に反応するレーザーを照射すると、メラニン色素の毛根の細胞に熱が集まって、最終的に毛根の細胞が破壊され、その毛根からは毛が生えにくくなるという仕組みです。
威力が強いので、通う回数も少なくて効果が実感できるのが特徴です。
また、強力なレーザーを使うため、医療行為が認められている免許を持った医師しか施術を認められていません。

しかしレーザーは効果が高いのですが、そのぶん痛みも強く、人によっては耐えられないということもあるそうです。そして一般的にサロンよりも1.5~3倍ほど値段が高いことが多いです。

一方のサロン脱毛はレーザーではなく、IPLという弱い光を照射します。レーザーに比べると威力が弱いので医師がいなくても施術を行えるというのが大きな違いですよね。
また、レーザーよりも弱い光なのでクリニックに比べると通う回数も多くなりますし、脱毛の実感が出てくるまでに時間がかかります。
しかし、施術の際の痛みも少なく、金額もクリニックに比べると優しい設定になっています。


永久脱毛はほんとう?

全身脱毛に関する情報のなかで、「永久脱毛」という言葉を見たことがあるでしょうか。
結果をいうと、永久脱毛という言葉は本来ならば存在しません。クリニックでもサロンでも、施術のレベルは毛を生えにくくするということであって、毛を完全に生えないようにするという行為は完全には再現できません。


「永久脱毛」の定義は、死ぬまで1本も毛が生えてこないということではありません。
簡単に解説すると、『高い減毛率を長期間にわたり維持できる脱毛法』とお考えください

引用先:「永久脱毛」の定義について - メンズ脱毛のメンズリゼ


もしあなたが「永久脱毛したい!」と思うのなら、クリニックの最高点である「半永久的な」脱毛の効果に納得出来ないかもしれません。

そしてサロンの場合は、その毛根の細胞の破壊レベルを弱めているだけなので、半永久よりもさらに効果は少なく感じるかもしれません。


脱毛完了までの期間

さきほどお話した照射するレーザーの強さによって脱毛の効果が変わってくるという部分ですが、それに伴って脱毛が完了する期間も大きく異なってきます。
クリニックは強力なレーザーを使うので、5~8回(半年~2年)通えばほとんど毛が気にならないというレベルにまでなります。

一方のサロンは12回~18回と、回数が多いだけでなく通う期間も3~5年と長い時間が必要になってきます。

このようにクリニックとサロンでは大きな違いがあるため、自分のニーズにあった施術法を選ぶことが大切です。

SSC脱毛とIPL脱毛の違いって何?

脱毛をするサロンやクリニックでは光脱毛が主流ですが、じつは光脱毛にもいくつか種類があります。


光脱毛の中にIPL脱毛とSSC脱毛があります。
いずれも基本的な原理に代わりはありません。
ただ、使用する光の種類やジェルが異なります。

引用先:脱毛サロンの光脱毛「IPL脱毛」と「SSC脱毛」の比較


今回は代表的な2種類である、SSC脱毛とIPL脱毛の違いや特徴をまとめていきたいと思います。


そもそも光脱毛とは

光脱毛はフラッシュ脱毛とも言われていて、特殊な光を毛根近くの細胞に照射して、毛の成長のもととなる細胞を壊すことで毛を生えにくくするという施術方法です。
この光脱毛はサロンで主に使われており、クリニックでは光がより強いレーザーに変わって使われているというところが違ってきます。

光脱毛はレーザーよりも刺激が少ないので、レーザーでの施術よりも痛みが少ないと言われています。


IPL脱毛とは

IPLとは、「Intensive Pulse Light」の略名で、キセノンランプというランプを使用した脱毛器のことをさします。
シミやそばかすの治療にも使われるライトで、色白効果や美肌効果があるといわれています。

黒色に反応する光が、毛のメラニン色素に反応し発熱、毛根の細胞の中の発毛組織に熱ダメージを与えることで、毛の成長を抑えるという原理です。


SSC脱毛とは

SSCは「Smooth Skin Control」の略で、イタリア発祥の脱毛システムのことを指します。 
こちらも発毛組織に熱ダメージを与えるという原理は同じですが、毛の成長を抑制する成分が入ったジェルを塗り、そのうえから光を当てて、相乗効果では羽毛を抑制するのがIPLとの違いです。

ジェルの中に抑毛効果のある「フィニリーブ」という成分が入った「トレジャービーンズ」と名付けられたカプセルが入っていて、それが光に反応して破れ、有効成分が毛穴に入っていくという仕組みです。

IPLがキセノンランプを使っているのに対し、SSCというは「クリプトンライト」という脱毛器を使っており、より痛みが少ないのが特徴です。


IPLとSSCに向いている脱毛

以上のことから、原理的なものは同じということが分かっていただけたかと思います。具体的な向き不向きがあるので、そちらも紹介しておきます。

IPLは太くて濃い脱毛が得意で、ワキやVIO脱毛に向いています。直接毛根にダメージを与えるので、熱や痛みが少しありますが、産毛には向いていません。

一方のSSC脱毛は、ジェルで毛穴の奥まで浸透させることができるので、IPLよりも産毛などの細い毛が得意です。また、商社のパワー自体も弱いので、肌へのダメージも少なく、痛みも少ないです。


以上のように、僅かな違いはありますが、効果的には大きな差はないと言われていますので、参考程度に知っておくとよいでしょう。

痛みに弱い人におすすめのハイパースキン脱毛とは?

「脱毛にチャレンジしたいけどどのくらい痛いんだろう」「痛いのはイヤだ」と考えている人は多いはずです。そんな方におしらせしたいのが、ハイパースキン脱毛という、従来の脱毛技術とはまったく異なる脱毛方法です。


ハイパースキン脱毛法とは?

これまでに知られてきた脱毛方法が、毛根の細胞に熱ダメージを与えて死滅させることで毛が成長するのを抑えるという方法であるのに対し、ハイパースキン脱毛法は現段階で生えている毛にはなにもしません。

ハイパースキン脱毛法が今までの脱毛法と全く違うのは、これから生えてくる毛の種にアプローチするという点です。

毛には「毛周期」という毛の生え変わりのサイクルがあります。一般的な施術では、このサイクルの休止期に光を照射しても意味が無いため、次の施術までに2、3ヶ月期間をとる必要があるため、脱毛完了までに長い期間がかかります。

しかしこのハイパースキン脱毛法は、次に生えてくる毛の種である「発毛因子」に刺激を与えることで毛が生えるのを抑制するという方法なので、この毛のサイクルは気にせずに施術ができます。つまり通常より短い期間での脱毛完了が期待できるということですね。


痛みがない

他の施術法と大きく異なるのが、痛みが少なくて済むという点です。
従来の施術法では毛根を60~80℃という高温で刺激を与えるので、痛みもありますし、やけどなどのトラブルのリスクもあります。


「ハイパースキン脱毛=痛くない」のイメージですが、なぜ痛くないのかというと従来の光脱毛のように熱を使った毛根処理をしないから。

ハイパースキン法の体感温度は38度くらいで、痛みに繋がる刺激になるようなことがないことから、痛くない&肌トラブルナシの脱毛ができます。

引用先:ハイパースキン脱毛は本当に痛くない?効果は?光脱毛との違い


肌が薄くて痛みが強いと言われているワキや、VIOの脱毛にオススメです。

【肌にやさしい】
ハイパースキン脱毛法は刺激が少ないだけでなく、肌に優しい脱毛法なので、アトピーなどで脱毛を断られていた人でも脱毛できるかもしれないという方法です。

また、施術の際に照射する光は肌内部のコラーゲン生成を助けてくれる効果があります。脱毛でダメージが心配な方もいるかと思いますが、この脱毛法ならそんな心配は無用です。


まだまだマイナーな施術法

ここまで読んでいただいて、ハイパースキン脱毛法をやってみたい!興味を持ったという方もいるかもしれませんが、まだまだ施術を受けられるサロンが少ないのが現状で、値段も高いです。

カレンという脱毛サロンが有名です。


カレンという脱毛サロンが有名です。
http://www.karen-kanna.com/pc/index.php


一方では効果が薄かった、時間がかかったという声もありますので、口コミをよく調べてからサロンを選ぶことをおすすめします。

全身脱毛の施術範囲はサロンによって違う?

女性なら誰しもムダ毛に関する悩みを抱えたことがあるはずです。サロンに行ってみたいけど恥ずかしい、お金がかかる・・・など不安もいっぱいですよね。

今回は脱毛サロンの「全身脱毛」の全身ってどこまで? というお話です。
自分の希望する部位がプランに含まれていなかった!とならないように、全身脱毛の施術範囲について知っておきましょう。


全身脱毛の”全身”ってどこまで?

Vライン・Iラインが含まれていてもOラインは含まれていない、えりあしが含まれていないなど、サロンによって違いがありあす。

引用先:全身脱毛の「全身」って?


意外と見落としがちですが、脱毛サロンやコースによって施術範囲が違ってきます。
広告などで「全身○○箇所、▲▲円!」という文字を見たことがあるかもしれませんが、この数字はサロンによって違うのはもちろん、数字が多いからといってより広範囲を施術してもらえるという意味ではないので注意が必要です。

例えば「全身脱毛コース48箇所」と「全身脱毛24箇所コース」というふたつがあったら、数字だけ見ると前者のほうが全身くまなく脱毛できると考える人の方が大多数たと思います。


しかし、実際には後者のほうが一箇所あたりの施術範囲が広いので、トータルでみると全身をくまなく脱毛できるという結果になります。
このように、数字だけでなくイラストでもしっかり確認することが大事です。


全身脱毛コースの2大パターン

さきほどのように分け方に差があるものの、施術できる範囲に大きな差はありません。
しかしそれ以外に脱毛コースをパターン化してみると以下のようになります。
・顔のみが範囲外「顔以外の全身脱毛」
・顔・VIO含む全身脱毛「全身脱毛コース」

簡単にいってしまうと、後者は顔が含まないので料金も安くなります。なので、顔はほとんどムダ毛が生えていない、料金が安いほうが良いという方にはこちらがおすすめです。


前者は目に見える全身をまんべんなく脱毛することができます。鼻の中やIライン内側の粘膜、目の周り、喉などの皮膚が薄いところには照射できませんが。
後から顔だけ脱毛したい!となると追加料金となって、高くなってしまうのでどうせだったら全身脱毛してしまうという、無駄な出費を押さえたい人にはぴったりです。


サロン別の全身脱毛範囲の例

では、具体的に最近の人気サロンの例を取ってみて、全身脱毛の施術範囲をみてみましょう。
・キレイモ・・・顔6ヶ所、うなじ・背中含む上半身全体、VIO含む下半身全体の全33箇所
・シースリー・脱毛ラボ・・・上記とほぼ変わらないが、特に顔が8ヶ所と細かく際まで処理できる
・ミュゼ・プラチナム・・・上半身、下半身まんべんなく合計22ヶ所。顔なし
・コロリー・・・顔を除く全46ヶ所

このように、全身脱毛といっても施術できる箇所や範囲に差があるので、自分に合ったサロンを見極めることが大切ですね。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

3

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
hotohot123

エステティシャンの一児のママです。エステや脱毛、コスメ、ダイエットなどなど美容に関する知識があります。少しでもお役に立てるようにがんばります。