更新日: 2017-09-12 13:25:24

iOS 11でiPhoneのアプリがよく落ちる問題の対策

著者: SIVE

編集者: SIVE

閲覧数: 664

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

iPhone 7/6s/6/5sをiOS 11にアップデートした後、アプリを開いたら、すぐ落ちてしまいました。これはどういうことでしょうか?このガイドは、iOS 11にアップデートした後、iPhoneでアプリがよく落ちる不具合の対策をご紹介します。

方法1 バックグラウンドでアプリを終了する

一時的にアプリが落ちたら、バックグラウンドでアプリを一度終了して、iPhoneを再起動してから、アプリを起動して見ます。

方法2 iPhoneの空き容量を増やす

iOS11にアップデートした後、iPhoneの動作が遅く重くなったら、iPhoneの空き容量が足りなくなるかもしれません。そのため、アプリも起動して、すぐホーム画面に戻してしまいました。iPhoneの容量不足もアプリが落ちる問題の1つの原因と考えられます。

iOS11端末を軽くする方法は、こちらの記事が参考になれると思います。

方法3 アプリをアップデートする

もし、お使いのデバイスによく落ちるアプリのバージョンが古いと、最新バージョンにアップデートすることがオススメです。バージョンが古いと、エラー・不具合が発生ガチです。

方法4 次のiOSバージョンアップデートを待つ

また、iOS 11の不具合でアプリが落ちる問題を引き起こすと、次の修正版が出るまでに待つほうが良いです。

まとめ

以上は、iOS 11にアップデートした後、iPhoneでアプリがよく落ちる問題の対策についての紹介です。ご参考になれるとごく嬉しいです。


【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

1

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

ご参考ありがとうございます。

もっと詳しい情報は、この記事を参考にして下さい。